パロアルトネットワークスの副会長の齋藤です。
本日は、日本で立て続けにサイバー事件が発生している状況を鑑みて、なぜ近年、急速にサイバー事件が増加しているのかを考えてみたいと思います。

 ICT技術は1~2年周期で倍々に向上し続けており、近年の発達は目覚ましいものがあります。しかし一方で、技術の向上と同時に犯罪の高度化も同じ速さで促進しているのです。われわれはサイバーセキュリティに対して相応のコストを支払ってきていないとも言えるでしょう。 
 インターネットの原型となる通信技術は、学術連携の基盤として1950年代に開発されたもので、ビジネスツールへ発展したのは80年代になってからでした。その間には、サイバーセキュリティ技術の登場が待たれていたのです。

 ここで、自動車の歴史もさかのぼってみましょう。1769年に発明された世界で最初の自動車の時速は3.5キロメートルほどで、非常に遅いものでした。理論的には、もっと速く走らせることは可能だったそうです。しかし、自動車を安全に速く走らせるには優秀なブレーキ装置の開発が必要だったため、速く走れる自動車はもう少し後に登場することになりました。

 インターネットは使用者の大切な情報が守られる、という信頼性が保たれてこそ有用なものです。IoT(モノのインターネット、あらゆるものがインターネットに接続される世界)が普及すると、守るべき端末は増えていきます。しかし、肝心のセキュリティは昔の標準技術のマイナーアップデートのままであり、守りの技術の成長が遅すぎる印象があります。日本の組織だけではなく全世界的に、なすすべなく奪われ、失う一方であるという難しい局面に陥っています。

 日本年金機構の個人情報流出問題はまさにこうした状況の氷山の一角に過ぎません。日本国民の大多数に影響がある組織が当事者になったため、注目が集まりましたが、その陰には、無数の被害、数えきれない隠蔽、さらにその数千倍の「まだ奪われたことに気づいてもいないのんき者」が存在しているはずです。

 重要なのは、不足していたコストを適正に見直すことです。守るためにコストを支払うことは気が進みませんか。しかし、自動車の例を考えれば、セキュリティへの投資は、インターネットの進歩を想像以上に促進してくれることは間違いありません。今は、セキュリティを1から構築しなおすことのできる素晴らしいチャンスが来た時でもあります。 
 パロアルトネットワークスでは、各組織のIT部門・セキュリティ部門の担当者の手間を少しでも減らすことが大切だと考えています。そのためには、各端末の防御が大切ですが、それに加え、ネットワーク上の不審なトラフィックパターンを検出し、悪質な行動を特定するための相関作業を自動化することが大切です。また、階層ごとに防御体制を変化させることも必要です。 
 働く環境はICT技術の進歩とともに、大きく変化しています。それと同時に、セキュリティ体制を見直していくことも避けられないことなのです。適切な対策を取れば、さらに大きなビジネスの可能性が広がってくることでしょう。