当局筋によると、政府は政府のオンライン情報とサービスのセキュリティを確保し、サイバー ネットワークを保護するための政府職員のトレーニングに向けて、国際的企業を指名する計画を立てています。
このの一環として、世界銀行が出資するLICTプロジェクトとパロアルトネットワークス(米国に本拠地を置くエンタープライズ セキュリティ企業)が連携し、Bangladesh Computer Council (BCC)の職員および研修員をトレーニングするプログラムを、CSRの一環としてのLICTプロジェクトのFast Track Future Leader (FTFL)トレーニング プログラムの下で、先行実施しています(BSSの報道)。