調査対象の連邦政府職員のうち72パーセントが、自身のセキュリティ体制を「A」または「B」と評価しましたが、圧倒的大多数は所属する政府機関がモバイル デバイス管理やネットワーク セグメンテーションなどのセキュリティ手法を取り入れていないと報告しています。

この調査を引き受けたセキュリティ企業であるパロアルトネットワークスの製品管理担当副社長Adam Gellerは、「これは、作業の複雑性と実装中の変更量から考えると、かなり高い評価のように思えます」と語っています。

「かなり高い評価のようですが、これは自己評価したものであり」とGellerは付け加えました。「甘くなっている可能性があります。」