ランサムウェアCTB-Lockerは被害者ごとに再生成されるため、トロイの木馬をハッシュ値で識別することができません。パロアルトネットワークスによれば、1月19日以降、有害なソフトウェアが広がっており、以来、1,000件を超える個別攻撃が検出されました。