※本記事は2016年8月16日に米国で掲載されたブログ記事の抄訳を基にしています。

近頃Palo Alto Networksの3人の脅威インテリジェンス リサーチャーが、Black Hat USA 2016で発表されたマイクロソフト セキュリティ レスポンス センター(MSRC)報奨金プログラムのトップ100リストを評価しました。Bo Qu、Hui Gao、およびTongbo Luo、おめでとうございます。

Palo Alto Networksは、Microsoft、Apple、Androidおよびその他エコシステムにおける脆弱性の研究に常時貢献しています。脆弱性の積極的な発見、顧客向けプロテクションの開発、パッチ適用のためのMicrosoftへの情報共有を通じて、Palo Alto Networksは、企業、行政機関およびサービス プロバイダーのネットワークを狙う攻撃者のサイバー攻撃の脅威を取り除くことに尽力しています。