※本記事は2017年3月3日に米国で掲載されたブログ記事の抄訳を基にしています。

Palo Alto NetworksのUnit 42が現在行っている脅威リサーチの一環として、Adobe Flashに影響を及ぼすコード実行の脆弱性を2個(APSB17-04)、Unit 42リサーチャーが発見したことをお知らせします。これらの脆弱性はAdobeの月例セキュリティ更新のリリースにより修正済みです。

  1. CVE-2017-2982: Tao Yan
  2. CVE-2017-2996: Tao Yan

Palo Alto Networksは、脅威防御サブスクリプションを現在ご購入いただいているお客様向けに、これらの脆弱性への攻撃を未然に防ぐIPSシグネチャもリリースしました。Palo Alto Networksの先進のエンドポイント ソリューションであるTrapsにより、この種のエクスプロイトに基づくメモリ破壊をブロックすることができます。

Palo Alto Networksは、Microsoft、Adobe、Apple、Google Androidおよびその他エコシステムにおける脆弱性の研究に日々邁進しています。こうした脆弱性の積極的な発見、顧客向けプロテクションの開発およびセキュリティ コミュニティとの情報共有を通じて、Palo Alto Networksは、攻撃者がユーザーを脅かしたり、企業・行政機関・サービス プロバイダーのネットワークへ侵害したりするサイバー攻撃の脅威の排除に尽力しています。


 関連コンテンツ

PA-800 シリーズ

主なセキュリティ機能: すべてのアプリケーションをすべてのポートで常時識別 • 使用されているポートや暗号化(SSLまたはSSH)、セキュリティの回避技術に関わらず、アプリケーションを識別します。 • 許可、拒否、スケジュール、スキャン、帯域制御の適用などのセキュリティ ポリシー決定の要素として、ポートではなくアプリケーションを使用します。 • 不明なアプリケーションを、ポリシー制御、脅威のフォレンジック、またはApp-ID™アプリケーション識別テクノロジの開発が行えるよう分類します。

  • 0
  • 4006

パロアルトネットワークス管理者ガイド日本語版

このガイドで、パロアルトネットワークスのファイアウォールのWeb管理画面の使用方法を説明します。対象は設置、運用管理、メンテナンスを行うシステム管理者向けです。 ※このページで提供する管理者ガイドが最新版でない可能性があります。最新版に関しては、製品をご購入された販売代理店にご相談ください。  

  • 0
  • 4813

PA-3000シリーズ スペックシート

PA-3000シリーズの主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。

  • 0
  • 3300

PA-5200 シリーズ

パロアルトネットワークス® PA-5200シリーズの次世代ファイアウォール アプライアンスは、PA-5260、PA-5250、PA-5220から構成されており、高速データセンター、インターネット ゲートウェイ、およびサービス プロバイダでの導入に適しています。PA-5200シリーズは、ネットワーキング、セキュリティ、脅威からの防御と管理の重要な機能領域専用の処理機能とメモリを使用して、最大80Gbpsのスループットを提供します。

  • 0
  • 1427