※本記事は2017年3月16日に米国で掲載されたブログ記事の抄訳を基にしています。

Palo Alto NetworksのUnit 42が現在行っている脅威リサーチの一環として、Adobe Flashに影響を及ぼすコード実行の脆弱性を3個(APSB17-07)、Unit 42リサーチャーが発見したことをお知らせします。これらの脆弱性はAdobeの月例セキュリティ更新のリリースにより修正済みです。

  1. CVE-2017-2997: Tao Yan
  2. CVE-2017-2998: Tao Yan
  3. CVE-2017-2999: Tao Yan

Palo Alto Networksは、脅威防御サブスクリプションを現在ご購入いただいているお客様向けに、これらの脆弱性への攻撃を未然に防ぐIPSシグネチャもリリースしました。Palo Alto Networksの先進のエンドポイント ソリューションであるTrapsにより、この種のエクスプロイトに基づくメモリ破壊をブロックすることができます。

Palo Alto Networksは、Microsoft、Adobe、Apple、Google Androidおよびその他エコシステムにおける脆弱性の研究に日々邁進しています。こうした脆弱性の積極的な発見、顧客向けプロテクションの開発およびセキュリティ コミュニティとの情報共有を通じて、Palo Alto Networksは、攻撃者がユーザーを脅かしたり、企業・行政機関・サービス プロバイダーのネットワークへ侵害したりするサイバー攻撃の脅威の排除に尽力しています。

Ignite '17セキュリティ カンファレンス: バンクーバー(ブリティッシュ コロンビア州)、2017年6月12日から15日まで

Ignite '17セキュリティ カンファレンスは、今日のセキュリティ専門家を対象にした、4日間のライブ カンファレンスです。さまざまなイノベーターや専門家の話を聞き、ハンズオン セッションや対話型ワークショップを通じて実践的なスキルを獲得し、セキュリティ侵害の防御によるセキュリティ業界の変化について考察します。トラック、ワークショップ、著名人によるセッションについて詳しくは、IgniteのWebサイトをご確認ください。

コメント記入欄