パロアルトネットワークスは、公共機関を対象とした、仮想化次世代ファイアウォール「VM-Series」を導入いただきやすい特別価格でご提供するプログラムを本日より開始します。

 

 日本政府は2018年、政府情報システムにおいて、クラウドサービスの利用を第一候補とする「クラウド・バイ・デフォルト原則」の方針を公表しました。加えて、「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針」では、セキュリティ基準も含むクラウド導入においての考え方を示しています。

 

パロアルトネットワークスは、日本政府の方針を受け、公共機関(政府/自治体/独立行政法人/教育機関/医療機関)のクラウド導入を促進すべく、仮想化次世代ファイアウォール「VM-Series」を通常より導入いただきやすい特別価格で提供するプログラムを日本法人独自で提供開始します。

 

VM-Seriesは、オンプレミスの次世代ファイアウォールと同様のネットワークセキュリティの性能と機能を備え、組織内でセキュリティ対策が必要な、クラウド内のデータやアプリケーションに対する保護を提供します。VM-Seriesは、アメリカ連邦政府の機密データを保護するための暗号化要件を満たすことを意味する米国標準技術研究所(NIST)の「FIPS 140-2認証」を取得しています。

 

【プログラムの詳細】

プログラム名:公共機関向けクラウドセキュリティ導入促進プログラム
対象となる組織:政府/自治体/独立行政法人/教育機関/医療機関
対象製品:仮想化次世代ファイアウォール VM-Series
プログラム内容:VM-Seriesを特別価格で提供します
申し込み受付期間:本日から2019年4月30日まで
申し込み方法:各パートナー企業または以下お問い合わせ窓口までご連絡ください
キャンペーンお問い合わせ窓口:asp@paloaltonetworks.com


 

パロアルトネットワークス管理者ガイド日本語版

このガイドで、パロアルトネットワークスのファイアウォールのWeb管理画面の使用方法を説明します。対象は設置、運用管理、メンテナンスを行うシステム管理者向けです。 ※このページで提供する管理者ガイドが最新版でない可能性があります。最新版に関しては、製品をご購入された販売代理店にご相談ください。  
  • 5
  • 18166

PA-3200 Series スペックシート

パロアルトネットワークス® PA-3200 Series の次世代ファイアウォールは、PA-3260、PA-3250、およびPA-3220 で構成されています。これらのモデルはすべて高速の インターネット ゲートウェイでの導入を目的としたものです。PA-3200 Seriesはネットワーキング、セキュリティ、脅威防御および管理のための専用処理およびメモリ を使用して、暗号化トラフィックを含むすべてのトラフィックを保護します。
  • 0
  • 4325

PA-800 Series

主なセキュリティ機能: すべてのアプリケーションをすべてのポートで常時識別 • 使用されているポートや暗号化(SSLまたはSSH)、セキュリティの回避技術に関わらず、アプリケーションを識別します。 • 許可、拒否、スケジュール、スキャン、帯域制御の適用などのセキュリティ ポリシー決定の要素として、ポートではなくアプリケーションを使用します。 • 不明なアプリケーションを、ポリシー制御、脅威のフォレンジック、またはApp-ID™アプリケーション識別テクノロジの開発が行えるよう分類します。
  • 1
  • 11857

PA-3000 Series スペックシート

PA-3000シリーズの主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。
  • 1
  • 9539

PA-5200 Series

パロアルトネットワークス® PA-5200 Seriesの次世代ファイアウォール アプライアンスは、PA-5260、PA-5250、PA-5220から構成されており、高速データセンター、インターネット ゲートウェイ、およびサービス プロバイダでの導入に適しています。PA-5200シリーズは、ネットワーキング、セキュリティ、脅威からの防御と管理の重要な機能領域専用の処理機能とメモリを使用して、最大80Gbpsのスループットを提供します。
  • 0
  • 6151