Palo Alto Networks Day 2018



パロアルトネットワークスは、2015年より日本で年次イベント「Palo Alto Networks Day」を行っています。より安全に、安心してこのデジタル時代を生き抜くために必要な、新しいセキュリティへの発想の転換や、具体的な方法について最新情報をお届けしております。

今年もまもなく、Palo Alto Networks Day 2018が開催されます。今年6月に就任した新会長兼最高経営責任者(CEO)のニケシュ・アローラも登壇予定です。現在YouTubeでもご紹介しています。

 

今年のテーマは「クラウド」です。

現在、「デジタルトランスフォーメーション」という単語がよく使われています。私たちは今、ショッピングも、銀行取引も、友人や家族とのやり取りも、アプリケーションを使用して行うようになりました。それぞれが関連性を維持するために、民間企業も公的機関も、お客様、地域住民、従業員と相互作用する形でこの変革を受け入れています。

 

コネクテッドカー、スマートフォン、ロケーションベースのサービスなど、「デジタルトランスフォーメーション」の主役である新興テクノロジーは、過去20年間に大きく社会を変革しました。そして、われわれの使用するデバイスやデータとクラウドの間の双方向の通信は、最新の地図やソフトウェア機能など、最新のコンテンツへのアクセスを可能にしました。

さまざまな業界でこの傾向が広がっています。たとえば、鉄道業界ではクラウドコンピューティングを使用してネットワークをデジタル化し、低コストでより高速な接続を可能にしています。クラウドインフラストラクチャは、利用可能なサーバーとストレージの使用を最大限にすることで、より大きなデータとより多くのアプリケーションを同じサーバースペース内に収容できるようにしました。

 

パロアルトネットワークスでは、次世代ファイアウォールに加えて、包括的なクラウドセキュリティサービスの提供を行い、データの損失や業務の中断を防ぎ、主要なパブリッククラウド環境全体にわたる防御を強化しています。今年のPalo Alto Networks Day 2018では、ネットワーク、エンドポイント、クラウドのセキュリティを一挙に網羅し、弊社の最新情報や事例を使ったノウハウ、パートナー様とのコラボレーションにより、今後のセキュリティのあり方のヒントをご提供します。

セキュリティに関する有益な情報、ベストプラクティスを学ぶことができるこの機会に、是非奮ってご参加いただきますようお願いいたします。ご来場の登録はこちらから!