Displaying 301 to 322 of 322

Cyber Threats 2015

  • 0
  • 74

リサーチセンターブログ PAN-OS 6.1の9つの新機能と主要な文書項目

待望のPAN-OS 6.1がついにやってきました。このバージョンについて新しい特長や機能に関する多くの記述を目にすることでしょう。ここでは技術パブリケーションチームが厳選した推奨事項について紹介します。

  • 0
  • 501

リサーチセンターブログ Windowsを狙うWireLurkerの発見

米国時間11月5日に公開したホワイトペーパーで、Mac OS XシステムからジェイルブレイクしていないiOSデバイスとジェイルブレイクしたiOSデバイス両方を攻撃する、初めてのマルウェアWirelurker(ワイヤーラーカー)について解説しました。

  • 0
  • 185

リサーチセンターブログ WireLurker ワイヤーラーカー: OS X、iOS向けマルウェアの新時代の到来

米国時間11月5日に公開したホワイトペーパーで、Mac OS XシステムからジェイルブレイクしていないiOSデバイスとジェイルブレイクしたiOSデバイス両方を攻撃する、初めてのマルウェアWirelurker(ワイヤーラーカー)について解説しました。

  • 0
  • 87

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス、新たにInternet Explorerの重大な脆弱性を発見

パロアルトネットワークスの研究者であるボー・クーが新たにInternet Explorer (IE)の重大な脆弱性を発見しました。この脆弱性は、Internet Explorer 6、7、8、9、および10が影響を受けます。この脆弱性はメモリー破損の不具合を利用してリモートからのコード実行を許します。

  • 0
  • 118

リサーチセンターブログ 2014年版 NSSの次世代ファイアウォール比較分析についてのアップデート

NSSが公表した次世代ファイアウォールの分析レポートに於いて、弊社製品が2件のセキュリティテストに合格しなかったと明記がありました。

弊社は同テスト検証に参加はしなかったものの、お客様のセキュリティ確保は最優先すべき事項であるという認識の元、報告書を入手して問題の再現検証を行いました。

  • 0
  • 105

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークスがBash脆弱性Shellshockに対処: CVE-2014-6271への対策

米国西海岸時間の9月24日午前6時頃、UNIX系OSで広く利用されているBourne Again Shell (以下、Bash) に存在する脆弱性の詳細が複数のLinuxベンダーから公開されました。MITRE社によってCVE-2014-6271として割り当てられたこの脆弱性は、英国のロボット会社SeeByte社のUNIXおよびLinuxネットワーク電気通信管理者兼IT管理者のStephane Chazelas氏によって最初に発見されました。

  • 0
  • 404

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス、マジッククアドラントで3年連続「リーダー」に選出

Gartner, Inc. は最新のエンタープライズネットワーク・ファイアウォール部門のマジッククアドラントを発表し、パロアルトネットワークスが3年連続「リーダー」の評価を獲得しました。簡単にガートナーのエンタープライズ・ファイアウォール市場の特筆すべきポイントを紹介しましょう。

  • 0
  • 115

リサーチセンターブログ Heartbleed (CVE-2014-0160) の実世界での影響: Web は始まりに過ぎない

我々はSSLが現代のインターネットにおいていかに重要であるか、またHeartbleed脆弱性 (CVE-2014-0160: OpenSSL Private Key Disclosure Vulnerability) がWeb全体にまたがる通信の完全性をどのように侵害するかを認識しています。これまで確認できていないことは、このウサギの巣穴がどれだけ深く続くのかということです。アリスには申し訳ありませんが、大変な状況です。

  • 0
  • 110

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス、Windows XPユーザーを保護

マイクロソフトがWindows XPサポートを終了したことを今週発表しました。以降、企業や団体は未だ広く利用されている基本ソフト(以下、OS)であるWindows XPのセキュリティアップデートや更新パッチを適用することは出来なくなります。

  • 0
  • 144

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス「Heartbleed」問題に対処 (CVE-2014-0160)

OpenSSLで深刻な脆弱性が見つかった(CVE-2014-0160: OpenSSL Private Key Disclosure Vulnerability)問題はOpenSSL 1.0.1から1.0.1fを実行しているサーバーに影響があり「信頼できる認証局から発行された証明書を利用しているSSLウェブサーバーの17%以上」と推測されています。

  • 0
  • 115

リサーチセンターブログ CyveraとMortaの買収はパロアルトネットワークスとあなたにとって何を意味するのか

私たちはCyvera(サイヴェラ)の買収と、既に買収したMorta Security(モルタセキュリティ)の技術によって、パロアルトネットワークスプラットフォームとして、1つのインターフェイスを通してホストからネットワーク全体に対し、キルチェーンによる検知やブロックのポリシーを設定する機能を提供する最初の商用システムになるだろう。

  • 0
  • 195

リサーチセンターブログ Baidu IMEへの弊社の対応について

2013年12月26日、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、Baidu IMEの「クラウド入力」機能をオフにするか、使用しないことを中央省庁に対し注意喚起しました。

  • 0
  • 137
Displaying 301 to 322 of 322