*本内容は、2015年3月31日(米国時間)に米国Palo Alto Networksが発表した報道資料の抄訳版です。

2015331日(米国時間)カリフォルニア州発】– エンタープライズセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks®と、仮想化およびクラウドインフラのグローバルリーダーである VMware Inc. (NYSE: VMW) は米国時間3月31日、モバイルセキュリティのニーズに対応するため、戦略的なパートナーシップの拡大を発表しました。
モバイルコンピューティングにより企業のワークスタイル変革が進んでいます。従業員はオフィスを出た後でも業務を中断しなくなり、いつでも、どこからでも、どのデバイスからでも業務情報への安全なアクセスが求められるようになりました。これにより組織を危険にさらす新たなセキュリティの課題が生まれています。また組織には、個人情報や通信のプライバシーを尊重する一方で、新たなリスクを明らかにし、従業員が自分の所有デバイスからアクセスするビジネス情報やアプリケーションを保護する必要性も生じています。

Palo Alto NetworksとVMwareはエンタープライズ セキュリティとモバイル管理技術を統合し、エンタープライズでの安全なBYODを支援するため、高度な脅威防御とモバイルデバイス管理 (MDM:Mobile Device Management) の上質かつ独自の統合ソリューションを提供し、これらの新たなセキュリティの課題に対処します。これはソフトウエア・デファインド・データセンター(SDDC:Software-Defined Data Center) の販売代理店契約およびネットワークセキュリティとネットワーク仮想化ソリューションを両社が発表した2014年に開始された取り組みを基にしています。

コメント
「従業員は自身のモバイルデバイスを活用するという柔軟性を気に入っていますが、IT部門は多くの場合、使い勝手を損なわずにセキュリティポリシーを適用するのに苦労しています。AirWatchプラットフォームとPalo Alto Networksの次世代ファイアウォール、WildFire、GlobalProtectの各技術を連携させることで、既存のセキュリティポリシーを適用しながらユーザーに使い勝手の良いモバイル環境を実現させ、両者の懸念を解消します。」
-Palo Alto Networks プロダクトマネジメント部門上級副社長 リー・クラリッチ

「モバイル脅威が増加する中で世界中のお客様に新たなセキュリティ、自動化、および管理の容易さを提供するため、Palo Alto NetworksVMwareは包括的なAirWatchモビリティプラットフォームを構築しました。」
-VMware エンドユーザーコンピューティング部門副社長 ノア・ワズマー

Palo Alto Networksの次世代ファイアウォール、WildFire、GlobalProtectの独自技術とVMwareのエンタープライズ モビリティ管理プラットフォームであるAirWatchを統合させることにより、お客様はモバイルユーザーに対してアプリやデータへの適正なアクセスを提供するセキュリティポリシーを運用することができ、不正なデバイスや感染したデバイスからネットワークを保護することが可能になります。またモバイルデバイスが適切に業務利用されるような設定を有効にし、悪意あるコンテンツを識別して撲滅するグローバルな脅威インテリジェンスサービスを利用することができます。主な機能は下記のとおりです。

●マルウェア検出:  Palo Alto NetworksWildFireセキュリティ サブスクリプションサービスは既知および未知のモバイルマルウェアを識別します。WildFireが提供するインテリジェンスを統合することで、ユーザーは感染したアプリケーションを識別し、それらアプリケーションのブラックリスト作成といったセキュリティやコンテナ用途のアクションを迅速かつ自動化して実施できるようになります。

●ネットワーク保護:  機密性のあるアプリケーションやネットワークは承認されたデバイスのみが利用できるようにする必要があります。これはモバイルデバイスに関する情報やデバイス設定、デバイスがアクセスできるデータやアプリケーションを結び付けるPalo Alto NetworksのGlobalProtect ホスト情報プロファイル (HIP) を用いて実現できます。

●VPN およびネットワークセキュリティ:  Palo Alto NetworksのGlobalProtectは、モバイルデバイスを管理するAirWatchとPalo Alto Networksの次世代ファイアウォールとの間でper-app VPNによるデバイスレベルまたはアプリケーションレベルでの安全な接続を提供します。これにより、ユーザーがどこに行っても通信トラフィックの一貫した検査と脅威防御のためのネットワークセキュリティポリシー適用が可能になります。

提供時期
AirWatchから提供されるPalo Alto Networksの GlobalProtect用のiOS専用VPNアプリは米国時間3月31日より利用可能です。追加の統合コンポーネントは2015年後半に提供予定です。

参考資料
パロアルトネットワークスの技術の詳細は下記のWebサイトで参照できます: https://www.paloaltonetworks.jp/products/technologies.html
VMware から提供されるAirWatchについての詳細は下記のWebサイトで参照できます:
http://www.air-watch.com/jp/
本取り組みに関しての詳細は下記のWebサイトで参照できます:
http://researchcenter.paloaltonetworks.com/2015/03/palo-alto-networks-airwatch-integration-true-mobile-security

パロアルトネットワークスについて
パロアルトネットワークス (NYSE: PANW) は、サイバー攻撃から数多くの企業、行政機関、プロバイダのネットワークを守るサイバーセキュリティのリーディングカンパニーです。当社の提供するセキュリティ・プラットフォームは、変化の激しい今日のIT業界で重要となるアプリケーションやユーザー、コンテンツを基にセキュリティの保護を行い、お客様のビジネス展開をサポートします。詳しくはhttp://www.paloaltonetworks.jpをご覧ください。

ヴイエムウェア社について
VMware(ヴイエムウェア、本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2014年度の売上高は、60億万ドルです。シリコンバレーに置かれた本社をはじめ、世界中に拠点を展開しています。詳細はwww.vmware.com/jpをご覧ください。

Palo Alto Networks、Palo Alto Networksロゴ、WildFire、GlobalProtectは米国および世界各国におけるPalo Alto Networksの商標です。本書に記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、各所有者に帰属します。
VMware、VMware NSXは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。

【お客様からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークス合同会社
Tel: 03-3511-4050
Email: infojapan@paloaltonetworks.com

【報道関係者からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークスPR事務局
株式会社アクティオ
Tel: 03-5771-6426
Email: paloalto-pr@actioinc.jp