*本内容は、2015年5月27日(米国時間)に米国Palo Alto Networksが発表した報道資料の抄訳版です。

 エンタープライズセキュリティを提供するPalo Alto Networks®は、米国時間5月27日、シリコンバレーに本社を置き、SaaS (Software as a Service) アプリケーション向けに高度に特化したセキュリティ技術を持つCirroSecure社(シロセキュア、本社:米国カリフォルニア州)を買収したことを発表しました。

 パロアルトネットワークスは、アプリケーションの安全な利用を実現し、サイバー脅威から組織のデータやインフラを保護する「エンタープライズ セキュリティ プラットフォーム」の提供で業界をリードしています。エンタープライズ セキュリティ プラットフォームは、組織で承認されていないリスクの高いアプリケーションを高度に可視化・制御し、安全に保つことができます。

 パロアルトネットワークスのセキュリティ プラットフォームにCirroSecureが加わることで、Box、Dropbox、GitHub、Google Drive、salesforce.comといった組織に高度なコラボレーションをもたらすSaaSアプリケーションで共有される事の多い重要なデータを保護する、セキュリティ機能を実現します。

 これまで、SaaSアプリケーションを効果的に管理・保護するツールは存在しませんでした。CirroSecureの技術は、ポリシーやデータセキュリティに対する攻撃の発生を迅速に判定するため、日々SaaSアプリケーションの利用状況を深く分析しながらすべてのユーザー・フォルダ・ファイルにまたがる操作全体を完全に可視化し、アプリケーションを安全に保つ、高度なアプローチをとっています。SaaSアプリケーションに対する侵害は、詳細なコンテキストを意識した方法で防御し、組織が機密データの損失を防止するために、侵害が発生した際に即座にユーザーおよびデータを隔離できます。

コメント
「CirroSecureの買収はPalo Alto Networksに独自の技術と新たな機能をもたらします。すでに全世界で24,000社以上のお客様が利用する実績のあるPalo Alto Networksのプラットフォームの機能をCirroSecureの卓越したSaaS向けセキュリティ技術で拡張していきます。今回の買収により、組織がITインフラを拡張し、セキュリティの懸念なしにSaaSアプリケーションを採用できるよう、当社のエンタープライズ セキュリティ プラットフォームの範囲と機能をさらに強化します。」
  - パロアルトネットワークス プロダクトマネジメント部門上級副社長 リー・クラリッチ

「SaaSアプリケーションのリスクを減らすことは、今後の企業ITインフラストラクチャーのセキュリティを保つための重要な鍵となります。エンタープライズ セキュリティ業界のリーダーを確立し、現在の素早いコンピューティング環境向けに設計された革新的なプラットフォームを提供するPalo Alto Networksの一員となることを非常にうれしく思います。我々の共同技術により、かつてないSaaSアプリケーション向けセキュリティが実現できます。」
  - CirroSecure 最高技術責任者 ニシャント・ドシ

提供時期
CirroSecureの技術は2015年後半に新しいサブスクリプションサービスや当社のエンタープライズセキュリティプラットフォームの一部としてリリース予定です。

Palo Alto Networksの新しいSaaS技術についての詳細は、下記のWebサイトをご覧下さい。
http://go.paloaltonetworks.com/saassecurity
パロアルトネットワークスのエンタープライズセキュリティプラットフォームについての詳細は、下記のWebサイトをご覧下さい。
https://www.paloaltonetworks.com/products/platforms.html

【Palo Alto Networksについて】
Palo Alto Networks (NYSE: PANW) は、米国に本社を持ち、サイバー攻撃から数多くの企業、行政機関、プロバイダのネットワークを守るサイバーセキュリティのリーディングカンパニーです。当社の提供するセキュリティ・プラットフォームは、変化の激しい今日のIT業界で重要となるアプリケーションやユーザー、コンテンツを基にセキュリティの保護を行い、お客様のビジネス展開をサポートします。詳しくはhttp://www.paloaltonetworks.jpをご覧ください。
Palo Alto Networks、Palo Alto Networks ロゴは米国におけるPalo Alto Networksの商標です。本書に記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、各所有者に帰属します。

免責条項
本プレスリリースはパロアルトネットワークスの判断や仮定と現在入手している情報に基づいた、米国証券法第27条Aおよび米国証券取引法第21条Eに規定される意味を有する「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、CirroSecureの買収に関連するパロアルトネットワークスの見通し、前提、計画、方針および戦略に関する情報が含まれます。このような将来予想に関する記述には、パロアルトネットワークスの競争力や買収の影響、2015年後半に新規サブスクリプションベースのサービスとしてCirroSecureをリリースする予定、というパロアルトネットワークスおよび同社の顧客に対して期待される利益に関する情報が含まれます。これら記述はパロアルトネットワークスの現在の見通しを反映し、本日現在パロアルトネットワークスが入手している情報に基づいています。またパロアルトネットワークスは将来予想に関する記述について、作成日以降に発生した事象や発見した状況を反映するよう更新する義務を負うものではありません。パロアルトネットワークスのこれら事業目標を達成する見込みは将来予想に関する記述に記載される内容と大きく異なる可能性があり、多くのリスクや不確実性を伴います。
本プレスリリースに含まれる記述と実際の結果が著しく異なる可能性となりえる要因は以下のように多数あります―パロアルトネットワークスとCirroSecureとの間で期待される相乗効果やオペレーション効率が得られないこと。パロアルトネットワークスとCirroSecureがそれぞれの市場機会、技術、製品、人員、事業を順調に統合できる能力。適切な時期までに開発できないこと、組み合わせた製品やサービスが市場に受け入れられないこと。買収に伴うCirroSecureのビジネスへの潜在的な影響。パロアルトネットワークスとCirroSecure間の戦略およびリソースの調整能力。CirroSecureの主要従業員の維持とモチベーション向上に関するパロアルトネットワークスとCirroSecureの能力。買収企業統合の実績と経験がパロアルトネットワークスに乏しいこと。特に米国外でのパロアルトネットワークスの急速な成長に関連するリスク。ネットワークセキュリティ製品市場における急速な技術開発の変化。市場全般、政治、経済、ビジネスに関する条件―。2015年3月3日にSECへ提出されたForm 10-Q内の当社四半期報告書における「リスク要因 (Risk Factors)」および「経営陣の討論ならびに財務状況および事業実績の分析 (Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations)」と題される項目に、その他のリスクや不確実性が含まれています。本報告書は当社ウェブサイト (investors.paloaltonetworks.com) およびSECウェブサイト (www.sec.gov) で参照可能です。当社が随時SECへ提出する他の書類に追加情報が記載されます。本プレスリリースのすべての将来予想に関する記述は当社が本日現在入手している情報に基づいており、パロアルトネットワークスは将来予想に関する記述について、今後新たな情報が入手できた場合であっても作成日以降に発生した事象や状況を反映するよう更新したり、将来予想に関する記述で予測されるものと実際の結果が大きく異なった理由を更新したりする義務を負うものではありません。

【お客様からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークス合同会社
Tel: 03-3511-4050
Email: infojapan@paloaltonetworks.com

【報道関係者からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークスPR事務局 株式会社アクティオ
Tel: 03-5771-6426
Email: paloalto-pr@actioinc.jp