次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、本日、経営層向けに実践的で専門的な視点からサイバー攻撃からの最適な防御について解説するセキュリティ指南書『マネジメントのためのサイバーセキュリティ』の書籍・PDF版を無償で提供開始したことを発表します。

【書籍発行の背景】
米Palo Alto Networksは2015年10月、ニューヨーク証券取引所と共著で米国版のセキュリティ指南書『Navigating the Digital Age: the definitive cybersecurity guide for directors and officers』を発刊し、無償配布しました。本書は80名を超える有識者の知見が反映されました。この米国版の反響を受け、各国の最高セキュリティ責任者(CSO)チームが主導し、各国独自のサイバーセキュリティの現状を反映した書籍を制作しています。

日本版は、パロアルトネットワークスの副会長 齋藤ウィリアム浩幸が中心となり制作しました。米国版から一部内容を抜粋しただけでなく、日本版のために新たに官民10名の社外有識者にご協力いただいています。パロアルトネットワークスは、組織の経営層を中心としたサイバーセキュリティの課題に取り組む皆様の一助となり、今日のデジタル時代において業界の垣根を越えたサイバーセキュリティの議論が加速するきっかけとなるよう、本書をより多くの皆様に手に取っていただける形で提供します。

【書籍概要】
書籍名:『マネジメントのためのサイバーセキュリティ』
編集/発行:パロアルトネットワークス株式会社
主な日本版のみの外部執筆陣:サイバーディフェンス研究所 上級分析官 名和 利男 様、NTT 特別参与
横浜 信一 様、日本経済団体連合会 サイバーセキュリティに関する懇談会 座長 梶浦 敏範 様 ほか7名
(著者一覧は別途資料をご覧ください)
ページ数:300P
提供形態:無償での書籍およびPDF版の提供
書籍の申し込みおよびPDF版ダウンロードページ:
< http://go.paloaltonetworks.com/securityguide >

【本書内容】
本書は、セキュリティマネジメントやインフラストラクチャー、IoTセキュリティ、リスクマネジメント、法的規制の考察や攻撃防御など、ビジネスを進める上で避けられないトピックについて、幅広い分野の専門家が実践的なアドバイスを行う、サイバーセキュリティのベスト・プラクティス集となります。

【コメント】
「本書は産学官民一体の取り組みへむけた一歩として、数多くの有識者からご意見をいただき編纂(へんさん)したものです。皆さんの所属組織のサイバーセキュリティに役に立つ情報やベストプラクティスが見つかることを、サイバーセキュリティ対策への共通の情熱をもってご執筆くださった皆様とともに、心から願ってやみません。」
⁻ パロアルトネットワークス株式会社 副会長 齋藤ウィリアム浩幸

※PDF版のダウンロードについては、下記特設サイトをご参照ください。   
< http://go.paloaltonetworks.com/securityguide >

【『マネジメントのためのサイバーセキュリティ』画像】

【本書執筆陣と目次】
<https://www.paloaltonetworks.jp/content/dam/pan/ja_JP/Images/PR/161220_Book_Japan_Launch_PR_appendix.pdf>

【パロアルトネットワークスについて】

米国に本社を持つパロアルトネットワークスは、サイバーセキュリティの時代をリードする次世代セキュリティ企業です。世界中の数万もの組織をサイバー攻撃から保護し、アプリケーションの安全な稼働をサポートしています。先進的なセキュリティプラットフォームは革新的アプローチで構築されており、既存の製品や個別製品より優れています。高度かつ独自のサイバー脅威防御機能で、日々の業務や企業の最も価値のある財産を保護します。詳しくはhttp://www.paloaltonetworks.jp をご覧ください。

【お客様からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークス株式会社
Tel: 03-3511-4050  Email: infojapan@paloaltonetworks.com

【報道関係者からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークスPR事務局 株式会社アクティオ
Tel: 03-5771-6426  Email: paloalto-pr@actioinc.jp


 関連コンテンツ

パロアルトネットワークス管理者ガイド日本語版

このガイドで、パロアルトネットワークスのファイアウォールのWeb管理画面の使用方法を説明します。対象は設置、運用管理、メンテナンスを行うシステム管理者向けです。 ※このページで提供する管理者ガイドが最新版でない可能性があります。最新版に関しては、製品をご購入された販売代理店にご相談ください。  

  • 0
  • 591

4月28日(金)製品導入・運用支援トレーニング

『次世代ファイアウォール製品導入・運用支援トレーニング』を下記の日程にて開催いたします。本トレーニングは、パロアルトネットワークス製品であ るPAシリーズのハンズオンを通して、導入ならびに運用を行うための基本技術知識を習得頂くことに主眼をおいています。この機会に是非皆様の参加をご検討 いただけますよう心よりお待ち申しています。 【日  時】 2017年4月28日(金) 13:30~17:00(受付13:00~) ※終了時刻は多少前後します。  【会  場】 パロアルトネットワークス 3F 【講  師】 パロアルトネットワークス SE 【内  容】 製品の導入・運用の流れ 設定マイグレーション 可視化ツール ログ管理 セキュリティ調査 Unknown通信や誤検知への対応 シグネチャアップデート アップグレード 【持  物】 PCは弊社でご用意しております。 ご自身のMACノートブックをお持込みになりたい場合は次の準備をお願い致します。 Ethernetアダプタ(LANポートがないモデルの場合) マイクロソフト Remote Desktop Connectionクライアントソフトウェア 次のURLよりソフトウェアのダウンロードが可能です http://www.microsoft.com/japan/mac/download 【人  数】 8名(定員になり次第締め切ります)  ※ご登録後にキャンセルをされる場合は、必ずイベント事務局までご連絡をお願いいたします。 【対  象】  PAシリーズを既に導入・運用を行っているシステムエンジニア(エンドユーザー様) ※参加条件として製品実感トレーニングを修了済みである必要があります。 ※導入ユーザ企業様を優先とさせていただきます。 【費  用】 無料  ※お申し込み後に登録確認メールが送付されます。届かない場合は、メールアドレスの誤入力等の可能性がございますので、イベント事務局 paloalto@mlrev.co.jp までお問い合わせください。 ※開催3日前の時点でお申し込みが5名に達しない場合は、イベント開催をキャンセルさせていただきますので予めご了承ください。 ◆個人情報の取り扱いについて◆ パロアルトネットワークスは、当社が出展または主催する展示会・セミナーのご案内、当社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び当社営業部門または販売代理店、マーケティングサービス会社からのご連絡などを目的として、取得した個人情報を利用させていただくことがあります。当社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。ただし、上記利用目的の範囲においてお客様の個人情報を弊社販売代理店および弊社と個人情報取扱いについて契約のある委託業者が閲覧する事がございます。 ※上記利用目的にご同意いただける場合にのみ、本セミナーにご応募いただきますようお願いします。 ※以前より情報をご提供いただいている場合、今回ご提供いただいた情報を最新の情報としてデータを上書きさせていただきます。 ※「個人情報保護基本方針」および「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」は、下記URLよりご覧いただけます。 https://www.paloaltonetworks.jp/legal/privacy.html

イベント
千代田区
  • 0
  • 356

PA-3000シリーズ スペックシート

PA-3000シリーズの主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。

  • 0
  • 318

Tsunamiの亜種である新しい IoT/Linux マルウェアがデジタルビデオレコーダーを標的に

パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」は、新しい IoT/Linux ボットネット「Tsunami」の亜種である「Amnesia」を発見しました。Amnesia ボットネットによる攻撃は、TVT Digital 社ならびに TVT Digital 社から供給を受けた世界 70 以上のベンダーブランドによる DVR (デジタル ビデオ レコーダー) 機器に存在する、パッチを適用されていないリモートコード実行に関する脆弱性を狙います。

  • 0
  • 284

製品概要スペックシート

  • 0
  • 261

日本の学術研究者と 組織を狙った新たな攻撃

パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」は、2016年の9月から11月にかけて、「menuPass」として知られる攻撃グループによるAPT攻撃(持続型の標的型攻撃)が、日本の学術研究者および製薬企業、米国に子会社を置く製造業を対象にしていたことを確認しました。この攻撃では、トランプ氏の選挙での勝利に便乗した件名などを使用した、スピアフィッシング攻撃が用いられています。

  • 0
  • 250