(本リリースは2017年8月28日に米国で発表したプレスリリースの抄訳をベースにしています)

 
 次世代セキュリティ企業である米Palo Alto Networks®は本日、VMware Cloud™ on AWS®に次世代セキュリティプラットフォームが対応することを発表します。VMware Cloud on AWSは、2017年8月28日以降に米国西部 (米国・オレゴン) リージョンで最初に利用可能となり、VMwareのエンタープライズクラスのSDDC (Software-Defined Data Center) をAWS (Amazon® Web Services) の柔軟性の高いベアメタルインフラストラクチャ上で稼働させることで、組織にプライベートクラウドとパブリッククラウドの一貫した運用モデルとアプリケーションのモビリティを提供します。Palo Alto Networksの次世代セキュリティプラットフォームがVMware Cloud on AWSに対応することで、本サービスを利用するお客様を狙ったサイバー攻撃に対して、自動化された包括的な防御が提供されます。

 グローバルに広がるオンラインの世界に合わせ、組織は仮想化技術を使って企業アプリケーションとデータをパブリック、プライベート、ハイブリッドクラウド環境に展開することは、より容易にビジネスの要件に適応し、お客様へのサポートが行えます。しかしハイブリッドクラウド環境に移行する際には、企業全体において一貫性のあり、自動化が可能で、拡張性と復元性の高いクラウド中心のセキュリティアーキテクチャを構築することが重要な課題になります。

 Palo Alto Networksの次世代セキュリティプラットフォームは、他のクラウド型セキュリティ製品と比較し、お客様のオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド環境を防御するために、アプリケーションレベルでの優れた可視化、制御、脅威防御を実現します。これにより、お客様は自社のアプリケーションとデータをSDDCからVMware Cloud on AWSへ安全に移行できます。

 Palo Alto NetworksをはじめとするVMware Cloud on AWSのテクノロジーパートナーにより、お客様はパブリッククラウドとプライベートクラウドの両方で実績のある同じソリューションをシームレスに導入することができます。VMwareによりVMware Cloud on AWS向けソリューションの導入が容易化されたことで、テクノロジーパートナーがリファクタリング (書き換え) を行う必要がなくなります。パートナーのソリューションがオンプレミスのVMware vSphere®環境で動作する場合は、VMware Cloud on AWSでも動作します。VMwareテクノロジーパートナーは、お客様が新しい機能を実現できるように、ネイティブなVMware Cloud on AWSサービスを補完および拡張することもできます。

【コメント】

  • オンプレミスのリソースと拡張性および機動性が組み合わさったハイブリッドクラウドアーキテクチャへ自社のSDDCを転換する際、VMware Cloud on AWS向けプラットフォームを利用することで、お客様はアプリケーションとデータを安全に移行できるようになります。私たちは、VMwareハイブリッドクラウド環境向けに、一貫性があり、自動化された脅威防御とその技術をお客様に提供できることをうれしく思います。これにより、企業はセキュリティを損なうことなく、クラウドによってもたらされる生産性とコストのメリットを享受できるようになります。
    -   Palo Alto Networks ビジネスデベロップメント担当副社長 テリー・ラモス

  • VMware Cloud on AWSは、プライベートクラウドのリーダーによるSDDC環境をパブリッククラウドのリーダーであるAWS上で動作可能な、シームレスに統合されたハイブリッドクラウドをお客様に提供します。Palo Alto Networksの次世代セキュリティプラットフォームの技術により、IT部門やセキュリティ部門は、サイバーセキュリティのリスク軽減とコスト削減を行いながら、効率を高め、クラウド環境全体での運用の一貫性を実現します。Palo Alto Networksのようなパートナーと協力してVMware Cloud on AWS機能を強化し、お客様にビジネス価値を押し上げることのできるソリューションに柔軟性と選択肢を提供できることを楽しみにしています。
    -       VMware クラウド プラットフォーム事業部門 製品担当副社長 マーク・ローマイヤ氏

 

■提供開始時期
Palo Alto NetworksのVMware Cloud on AWS向け次世代セキュリティプラットフォームの提供開始時期やその他の情報については下記をご確認ください。(英語)
< https://www.paloaltonetworks.com/partners/strategic-partners >

■参考情報

Palo Alto Networksの次世代セキュリティプラットフォームについては、以下ウェブサイトをご確認ください。

< https://www.paloaltonetworks.jp/products/designing-for-prevention/security-platform >

 

【VMware Cloud on AWSについて】
VMware Cloud on AWS は、VMware が提供、販売、サポートするオンデマンドサービスで、柔軟性の高いAWSのベアメタルインフラストラクチャ上で稼働します。このサービスはvSphere、VMware vSAN™、VMware NSX® 仮想化技術を統合した統一SDDCプラットフォームであるVMware Cloud Foundation™を基盤としています。オンプレミス、クラウドともに同じアーキテクチャで提供され、同じ方法で運用が可能なため、IT部門はAWSとVMwareによるハイブリッドクラウド環境から、迅速にビジネス価値を引き出すことができます。VMware Cloud on AWSパートナーエコシステムの詳細については http://cloud.vmware.com を参照してください。        

【パロアルトネットワークスについて】

米国に本社を持つPalo Alto Networks(パロアルトネットワークス)は、サイバーセキュリティの時代をリードする次世代セキュリティ企業で、世界中の数万もの組織をサイバー攻撃から保護し、アプリケーションの安全な稼働を支援しています。先進的なセキュリティプラットフォームは革新的なアプローチで構築されており、これまでの製品や個別製品より優れています。高度かつ独自のサイバー脅威防御機能で、日々の業務や企業の最も価値のある財産を保護します。詳しくはhttp://www.paloaltonetworks.jp をご覧ください。

 

※VMware、VMware Cloud、vSphere、Cloud Foundation、vSAN、 NSXは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。

※Palo Alto Networks、PAN-OS、Palo Alto Networksロゴは米国と司法管轄権を持つ各国でのPalo Alto Networksの商標です。本リリースに記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、各所有者に帰属します。

 

【お客様からのお問い合わせ先】

パロアルトネットワークス株式会社

Tel: 03-3511-4050  Email: infojapan@paloaltonetworks.com

 

【報道関係者からのお問い合わせ先】

パロアルトネットワークスPR事務局 株式会社アクティオ

Tel: 03-5771-6426  Email: paloalto-pr@actioinc.jp