サイバーセキュリティのリーダー企業であるパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良、以下日本ユニシス)の提供するオープンAPI公開プラットフォーム「Resonatex™(レゾナテックス)」のセキュリティソリューションとして、仮想化次世代ファイアウォール「VM-Series on Azure」が採用されたことを発表します。

 

●導入理由

 現在、公開された(オープン)APIにより、各事業者が提供する機能をシステム間で連携させ、革新的な新サービスを創出する「APIエコノミー」がさまざまな分野で形成されつつあります。日本ユニシスは、金融機関と各事業体のサービスを結び付け、日本の金融機関にオープンイノベーションとAPIエコノミーの形成を推進すべく、2018年4月よりオープンAPI公開プラットフォームResonatexを提供開始しています。Resonatexは、Microsoft® Azure®上で稼働するクラウドプラットフォームです。

 

Resonatexは、各事業体のシステムとインターネットの境界で稼働するため、サイバー攻撃に対抗する強固なセキュリティの実装が必要不可欠でした。日本ユニシスは、セキュリティ分野における豊富な実績と知見をもとに、Azure環境下におけるセキュリティの影響範囲やソリューションの信頼性、リスク管理への対応、およびセキュリティ投資収益率(ROSI)などのさまざまな側面から、Resonatexのセキュリティソリューションの評価を開始しました。また、Resonatex が採用しているAPI認可サービス「Authlete」に対応できている点も評価ポイントの1つとなりました。

 

日本ユニシスは、要件を満たし、Azure環境下における高度な多層防御機能を備え、豊富な導入実績を持つことを決め手に、パロアルトネットワークスの仮想化次世代ファイアウォール「VM-Series on Azure」を採用することを決定しました。

 

●導入効果

 パロアルトネットワークスの提供する仮想化次世代ファイアウォールVM-Series on Azureは、オンプレミスの次世代ファイアウォールと同等のセキュリティ対策機能を備え、Azure上においてもアプリケーションの安全な利用やサイバー攻撃からの防御を実現します。

 

 VM-Series on Azureを組み入れたResonatexは、さまざまな検証作業を経て、2018年4月より本格稼働を開始しています。既にResonatexは複数の金融機関で採用されていますが、誤検知の発生もなく、金融機関で求められる強固なセキュリティ対策を実現しています。

 

Resonatexでは、パロアルトネットワークスのクラウド脅威解析サービスWildFire®も利用しており、サンドボックス環境下での未知の脅威の分析や、世界中の脅威情報の即座の反映が可能になり、標的型攻撃にも対応できるセキュリティ基盤を構築しています。

 

●コメント

Resonatexの技術を担当する日本ユニシス プロセスアウトソーシング本部 アドバンスドインフラサービス部 技術イノベーション室 室長 関根 喜和氏は、次のように述べています。

「オープンAPI公開プラットフォームはスケールの変化が伴うため、クラウド基盤の利用が必須です。今後、Resonatexが成長し、スケールが拡大するにつれて、攻撃を受けることも増えることになるでしょう。金融機関のサービスは決して止められないため、VM-Series on Azureがクラウド環境化で最新の脅威を未然に防ぐことを期待しています。」

 

●導入事例の詳細

< https://www.paloaltonetworks.jp/customers/unisys >

 

■日本ユニシス株式会社について(https://www.unisys.co.jp

 日本ユニシスグループは、日本初の商用コンピューターによって今日の情報社会を拓き、以来60年以上にわたりシステムインテグレーターとして顧客課題を解決し、社会や産業を支えるシステムを構築してきました。この経験と実績をバックボーンに、業種・業態の垣根を越えさまざまな企業をつなぐビジネスエコシステムの中核となり、顧客・パートナーと共に、社会を豊かにする新しい価値の創造と社会課題の解決に取り組んでいます。

 2017年1月にはオープン勘定系システム「BankVision」のWeb API公開サービスを提供し始めるなど、日本の金融市場にイノベーションをもたらす先進的な施策を積極的に推進しています。そうした施策の一環として、2018年4月に金融機関をはじめとする企業・組織向けにオープンAPIプラットフォーム「Resonatex」のサービス提供を開始しました。

Resonatexページ: < https://www.unisys.co.jp/solution/lob/fs/resonatex/ >

 

■パロアルトネットワークス株式会社について

 米国に本社を持つパロアルトネットワークスは、セキュリティの現状に常に挑戦する、サイバーセキュリティのリーダー企業です。サイバー攻撃の防御により、多くの組織とその顧客の安全を保障し、デジタル時代のライフスタイルを守ることが弊社のミッションです。弊社の先駆的な「Security Operating Platform」は、飛躍的進歩を続けるセキュリティ、自動化、解析のための最新技術を採用し、継続的なイノベーションにより、お客様のデジタルトランスフォーメーションの拡大を支援します。この真のプラットフォームと、弊社を含めた世界を変革する企業同士のエコシステムの強化により、クラウド、ネットワーク、モバイル機器にわたる効果的で革新的なサイバーセキュリティを提供します。詳しくはhttp://www.paloaltonetworks.jp をご覧ください。

 

Palo Alto Networks、Palo Alto Networksロゴ、WildFireは米国及びその他の国におけるPalo Alto Networksの登録商標または商標です。本書に記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、それぞれの各社の登録商標または商標です。  

 

 【お客様からのお問い合わせ先】 
パロアルトネットワークス株式会社 
Tel: 03-3511-4050  Email: infojapan@paloaltonetworks.com

 

【報道関係者からのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークスPR事務局 株式会社アクティオ
Tel: 03-5771-6426  Email: paloalto-pr@actioinc.jp


 

パロアルトネットワークス管理者ガイド日本語版

このガイドで、パロアルトネットワークスのファイアウォールのWeb管理画面の使用方法を説明します。対象は設置、運用管理、メンテナンスを行うシステム管理者向けです。 ※このページで提供する管理者ガイドが最新版でない可能性があります。最新版に関しては、製品をご購入された販売代理店にご相談ください。  
  • 3
  • 15352

PA-800 Series

主なセキュリティ機能: すべてのアプリケーションをすべてのポートで常時識別 • 使用されているポートや暗号化(SSLまたはSSH)、セキュリティの回避技術に関わらず、アプリケーションを識別します。 • 許可、拒否、スケジュール、スキャン、帯域制御の適用などのセキュリティ ポリシー決定の要素として、ポートではなくアプリケーションを使用します。 • 不明なアプリケーションを、ポリシー制御、脅威のフォレンジック、またはApp-ID™アプリケーション識別テクノロジの開発が行えるよう分類します。
  • 1
  • 10610

PA-3200 Series スペックシート

パロアルトネットワークス® PA-3200 Series の次世代ファイアウォールは、PA-3260、PA-3250、およびPA-3220 で構成されています。これらのモデルはすべて高速の インターネット ゲートウェイでの導入を目的としたものです。PA-3200 Seriesはネットワーキング、セキュリティ、脅威防御および管理のための専用処理およびメモリ を使用して、暗号化トラフィックを含むすべてのトラフィックを保護します。
  • 0
  • 3106

PA-3000 Series スペックシート

PA-3000シリーズの主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。
  • 1
  • 8538

PA-5200 Series

パロアルトネットワークス® PA-5200 Seriesの次世代ファイアウォール アプライアンスは、PA-5260、PA-5250、PA-5220から構成されており、高速データセンター、インターネット ゲートウェイ、およびサービス プロバイダでの導入に適しています。PA-5200シリーズは、ネットワーキング、セキュリティ、脅威からの防御と管理の重要な機能領域専用の処理機能とメモリを使用して、最大80Gbpsのスループットを提供します。
  • 0
  • 5443