日付

機能別

  • IPS (1)
  • IPv6 (1)

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 1 to 30 of 520

Dimnie: ありふれた場所に潜む

2017 年の 1 月半ば、パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンス チーム「Unit 42」のリサーチャーはオープンソース開発者が悪意のある電子メールを受信しているという報告があることに気づきました。Dimnie というのが PowerShell スクリプトによりドロップされるバイナリの一般的な呼び名ですが、このバイナリは数年来出回っているものです。パロアルトネットワークスでは 2014 年の始め頃からこれと同一のコマンド&コントロールメカニズムを利用する検体を観測してきました。このマルウェア ファミリはダウンローダとして使われているもので、様々な情報窃取機能をモジュールとして組み込めるよう設計されています。

  • 0
  • 115

Tsunamiの亜種である新しい IoT/Linux マルウェアがデジタルビデオレコーダーを標的に

パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」は、新しい IoT/Linux ボットネット「Tsunami」の亜種である「Amnesia」を発見しました。Amnesia ボットネットによる攻撃は、TVT Digital 社ならびに TVT Digital 社から供給を受けた世界 70 以上のベンダーブランドによる DVR (デジタル ビデオ レコーダー) 機器に存在する、パッチを適用されていないリモートコード実行に関する脆弱性を狙います。

  • 0
  • 284

Android アドウェアの新しい傾向: Android のプラグインフレームワークの悪用

正当なモバイルアプリが広告用 SDK やほかのアプリのプロモーションを組み込むのはよくあることです。広告を表示し、ほかのアプリのプロモーションすることで、正当なアプリの開発者は収入を得ているからです。しかしながら、最近モバイルアプリコミュニティにおいて警戒すべき傾向が観測されるようになってきました。すなわち、Google Play ストアのアドウェア プログラムが Android 上でサードパーティの DroidPlugin フレームワーク を悪用し、より攻撃的になってきているという傾向です。

  • 0
  • 97

MinecraftやSteamなどのゲームの認証情報を狙う、新しいクラウド型キーロガー「NexusLogger」が登場

パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」は、「NexusLogger」という名の新たなキーロガーを発見しました。この攻撃は不完全なもので、未遂に終わりました。このNexusLoggerはクラウド型のキーロガーで、Microsoft .NET Frameworkを利用し、機能の発達度に関しては低レベルです。NexusLoggerは、キーストローク、システム情報、保存されているパスワードを収集し、スクリーンショットを撮ります。またとりわけ、UPlay、Minecraft、SteamおよびOrigin用のゲーム関連の認証情報の収集を行います。

  • 0
  • 56

Palo Alto NetworksのUnit 42脆弱性リサーチ2017年3月の発表

Palo Alto NetworksのUnit 42が現在行っている脅威リサーチの一環として、Adobe Flashに影響を及ぼすコード実行の脆弱性を3個(APSB17-07)、Unit 42リサーチャーが発見したことをお知らせします。これらの脆弱性はAdobeの月例セキュリティ更新のリリースにより修正済みです。

  • 0
  • 56

パロアルトネットワークス、 SaaS アプリケーションのデータ保護を高める クラウドセキュリティサービスを日本市場で提供開始

次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ ヒロシ、以下、パロアルトネットワークス)は本日、法人向けSaaSアプリケーション上のデータ保護を高めるクラウドベースのセキュリティサービス「Aperture」の日本市場での提供を開始することを発表します。

  • 0
  • 95

福岡大学、教育研究システムに パロアルトネットワークスの 次世代セキュリティプラットフォームを導入

次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社は、学校法人 福岡大学が、同学の最新の教育研究システム「FUTURE5」において、パロアルトネットワークスが提供する次世代セキュリティプラットフォームを導入し、本格運用を開始したことを発表します。

  • 0
  • 63

EncodedCommandによるPowerShell攻撃を暴く

PowerShellは過去数年間で人気を獲得し続けていますが、それはこのフレームワークが発達し続けているからです。したがって、PowerShellを多くの攻撃で見かけるようになっていても少しも驚くことではありません。PowerShellはシステム上の広範囲にわたる機能を攻撃者にネイティブなものとして提供します。有害なPowerShellツールが溢れかえっている現状をざっと見渡してみると、PowerShellの伸びを示す十分な兆候が見て取れます。

  • 0
  • 87

電力・エネルギー分野のサイバーセキュリティと情報共有

パロアルトネットワークス株式会社の最高セキュリティ責任者(CEO)の松原実穗子が、3月10日発行の「エネルギー・資源 Vol.38 No 2 (2017)」で、「電力・エネルギー分野のサイバーセキュリティと情報共有~重要インフラ防御の観点から~」という論文を発表しました。ぜひご覧ください。

  • 0
  • 135

セキュリティ イベント

アメリカのテレビ司会者、俳優として有名なクレイグ ファーガソン(Craig Ferguson)をホストに迎え、Amazon Web Services、Microsoft Azure、パロアルトネットワークスのセキュリティ専門家が対談。重要な発表を含む、パロアルトネットワークス史上最大のセキュリティイベントをお見逃しなく!

  • 0
  • 513

PAN-DB を使用した URL フィルタリング

すべてのユーザーが安全にWeb へアクセスする環境を実現. PAN-DB を使用してURL フィルタリングを行うことにより、安全なWeb アク セスを実現できます。これにより、ユーザーは、危険なWeb サイト、マル ウェア サイト、認証情報のフィッシング ページ、および脅威をもたらすため にWeb 閲覧の悪用を試みる攻撃から保護されます。このサービスは、パ ロアルトネットワークスの次世代セキュリティ プラットフォームのネイティ ブ コンポーネントであるため、運用の負担を増やさずに最高水準のセキュ リティを実現できます。

  • 0
  • 6478

サイバーセキュリティ 基盤プラットフォームに求められる5つの要件

セキュリティ導入は複雑であり、IT チームに複雑なセキュリティ ルールと、複数ソー スからの膨大なデータ負荷がかかってきます。Panorama™によるセキュリティ管理 は、容易な実装、ポリシー作成と管理機能の一元化を実現します。業界をリード する機能と効率的なルール ベースによって次世代ファイアウォールの設定と管理 を集中化することで、ネットワーク全体のトラフィックと脅威に関する洞察を得るこ とができます。

  • 0
  • 14

WildFire™ データシート

パロアルトネットワークス® WildFire は、ゼロデイ エクスプロイトや高度な回 避技術を駆使する未知のマルウェアに対応する、業界随一の分析および防御 エンジンです。このサービスは、動的解析と静的解析、革新的な機械学習、および画期的なベア メタル解析環境を組み合わせた独自の複数手法を採用 することで、最も巧妙に回避するような脅威でさえ検出および防御できます。

  • 0
  • 153

VM-Series for VMware

VMware の仮想化テクノロジによって今日の最新データセンターは大きく変化し ており、プライベート、パブリック、またはハイブリッド クラウドが混在する複雑 なコンピューティング環境になっています。クラウド コンピューティングのメリッ トはよく知られていますが、それに伴うセキュリティ課題が大きいのも事実です。 最近注目されているデータ侵害もそのことをよく示しています。物理データセン ターや、パブリック、プライベート、またはハイブリッド クラウドに保存されてい るかどうかにかかわらず、サイバー犯罪者の標的はデータなのです。

  • 0
  • 32

Amazon Web Services用の VM-Series

多くの組織は、アプリケーション開発と本番ワークロードをAmazon Web Services (AWS)に移行しており、最終的には物理データセンターの存在を最小限に抑えることを目標にしています。AWS用のVM-Seriesを使用すれば、AWS上のアプリケーションやデータを次世代ファイアウォールと脅威防御機能で保護することができます。

  • 0
  • 47

次世代 セキュリティ プラットフォーム

パロアルトネットワークス®の次世代セキュリティ プラットフォームは、AI や ビッグデータ、脅威インテリジェンスクラウドにより、どのような場所、どのよ うなデバイスからも変わらない一貫したアプローチで可視化し、未知の脅威 を既知に変え、正確かつ即時連動する防御を実現します。次世代セキュリティ プラットフォームは、ユーザーがどのような場所にいるかに関わらず、全ての ユーザーまたはデバイスに対してアプリケーションを使用可能にすることに より、脅威リスクを減らします。そして、アプリケーション フロー内の脅威を 防御することで、物理ネットワークとクラウドベースのネットワークでアプリ ケーション使用とユーザーID を結び付けます。

  • 0
  • 30

VM-Series 次世代 ファイアウォール

セキュリティ導入は複雑であり、IT チームに複雑なセキュリティ ルールと、複数ソー スからの膨大なデータ負荷がかかってきます。Panorama™によるセキュリティ管理 は、容易な実装、ポリシー作成と管理機能の一元化を実現します。業界をリード する機能と効率的なルール ベースによって次世代ファイアウォールの設定と管理 を集中化することで、ネットワーク全体のトラフィックと脅威に関する洞察を得るこ とができます。

  • 0
  • 17

VM-Series 次世代 ファイアウォール

世界中の組織は、従来のデータセンターとパブリック クラウドでの導入を越えて、 自社のクラウド イニシアチブと仮想化イニシアチブを拡張しています。新たなイニ シアチブには、NFV コンポーネントとして実装されるセキュリティや、より包括的 なマルチテナント ソリューションが含まれます。

  • 0
  • 27

PA-220

主なセキュリティ機能: すべてのアプリケーションをすべてのポートで常時識別 • 使用されているポートや暗号化(SSLまたはSSH)、セキュリティの回避技術に関わらず、アプリケーションを識別します。 • 許可、拒否、スケジュール、スキャン、帯域制御の適用などのセキュリティ ポリシー決定の要素として、ポートではなくアプリケーションを使用します。 • 不明なアプリケーションを、ポリシー コントロール、脅威のフォレンジック、またはApp-ID™アプリケーション識別テクノロジーの開発が行えるよう分類します。

  • 0
  • 118

脅威防御のデータシート

現在、組織は利益目的で次々と攻撃を仕掛けてくる世界中の攻撃者へ対抗しなければならない課題に直面しています。今日の攻撃者は、資金力も豊富で、様々なツールをそろえています。これらの攻撃者は、セキュリティを回避する戦術を利用してネットワーク内で足掛かりを得ながら、大量の攻撃と巧妙な攻撃を仕掛けます。これらは、パケットを隠蔽する手法からポリモーフィック型マルウェア、暗号化、多重ペイロード、Fast Flux DNSに至るまで、組織の従来の防御では見つけることが難しい状況の中で静かに進行します。

  • 0
  • 3926

パロアルトネットワークス、 最新の脅威への自律的な防御の実現のため、
次世代セキュリティプラットフォームを大幅強化

次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社は、本日3月7日より、大幅な強化を行った次世代セキュリティプラットフォームの日本市場での提供開始を発表します。この大幅強化には、同社の独自OSの最新版「PAN-OS 8.0」によるもので、最新の脅威への自律的な防御を促進する新機能と、新しいアプライアンスの提供が含まれます。

  • 0
  • 182

Palo Alto NetworksのUnit 42脆弱性リサーチ2017年2月の発表

Palo Alto NetworksのUnit 42が現在行っている脅威リサーチの一環として、Adobe Flashに影響を及ぼすコード実行の脆弱性を2個(APSB17-04)、Unit 42リサーチャーが発見したことをお知らせします。これらの脆弱性はAdobeの月例セキュリティ更新のリリースにより修正済みです

  • 0
  • 30

パロアルトネットワークスと VMware NSXの パートナーシップ

テクノロジ セグメント: 仮想化/software-defined data center. VMware®とパロアルトネットワークス®がパートナーシップを結ぶことによって、NSX™を利用してVM-SeriesをSDDC環境に透過的に挿入するソリューションが提供されるようになります。これにより、次世代ファイアウォールと高度な脅威防御機能を使用して、アプリケーションやデータを保護できます。

  • 0
  • 48

WildFire

パロアルトネットワークス® WildFire は、ゼロデイ エクスプロイトや高度な回 避技術を駆使する未知のマルウェアに対応する、業界随一の分析および防御 エンジンです。このサービスは、動的解析と静的解析、革新的な機械学習、および画期的なベア メタル解析環境を組み合わせた独自の複数手法を採用 することで、最も巧妙に回避するような脅威でさえ検出および防御できます。

  • 0
  • 18

概要 PANORAMA

ネットワーク セキュリティは、複雑なネットワーク アーキテクチャ、管理上の悪夢、脅威リスクの増大の代名詞となってきました。数多くのセキュリティ ポイントの導入、多様な管理コンソール、複雑で時代遅れのセキュリティ ポリシーが複数のルールで導入されているため、これらのネットワークを効果的に管理するのがほぼ不可能になります。多くの組織はこの管理上の悪夢をそのまま受け入れてしまっており、この状態の改善は不可能であると考えています。Panorama™ネットワーク セキュリティ管理を使用すると、実装が容易になり、ポリシー作成と管理の一元化が可能になります。業界をリードする機能と効率的なルール ベースによって次世代ファイアウォールの設定と管理を集中化することで、ネットワーク全体の脅威に関する洞察を得ることができます。

  • 0
  • 34

従来のリモート アクセスVPNを GlobalProtectで交換

リモートアクセスVPN 高度な脅威防御 URLフィルタリング 内部ネットワーク セグメンテーション パブリック クラウド/SaaSへのアクセスを確保 BYOD

  • 0
  • 33

PAN-OS 8.0 の新機能: モバイル ネットワーク業者FAQ

概要 FAQ 文書には何が含まれていますか? このFAQ は、PAN-OS® 8.0 リリースで提供される全機能のう ち、モバイル ネットワーク業者の業務に最も適した機能に焦点 を当てています。 PAN-OS 8.0 に関するより包括的な情報は、一般情報のリリー ス時に入手できます。マネージド セキュリティ サービス プロ バイダ(MSSP) 向けに、別のFAQ 文書も用意されています。

  • 0
  • 27

複数のモバイル ネットワーク ピアリング ポイントへの アプリケーション レイヤーの 可視性の拡張

パロアルトネットワークスの次世代 セキュリティ プラットフォームには、以下 の主要な要素が含まれています。 次世代ファイアウォール – 物理およ び仮想モバイル ネットワーク要素を 通過するトラフィックを識別して制 御し、既知または未知のマルウェア、 パケットの異常、オーバーロード状 態がないかどうかアプリケーション レイヤーを検査して、そのアプリ ケーションをユーザーID に関連付 けます。 WildFire™クラウドベースの脅威分 析サービス – 集中管理型のインテリ ジェンス機能、SaaS アプリケーショ ンに対するセキュリティ、サイバー 攻撃に対する防御対策の自動配信 により、ネットワーク、クラウド、エ ンドポイントへの攻撃が確認されて から300 秒以内に、新たな脅威を排 除できます。 アプリケーション レイヤーの可視性 – インターネット(SGi)、RAN/ コア(S1/ S11)、ローミング(S8/Gp) を含む、 あらゆるネットワーク インターフェ イスで実現できます。

  • 0
  • 17

脅威防御

現在、組織は利益目的で次々と攻撃を仕掛けてくる世界中の攻撃者へ対抗しなければならない課題に直面しています。今日の攻撃者は、資金力も豊富で、様々なツールをそろえています。これらの攻撃者は、セキュリティを回避する戦術を利用してネットワーク内で足掛かりを得ながら、大量の攻撃と巧妙な攻撃を仕掛けます。これらは、パケットを隠蔽する手法からポリモーフィック型マルウェア、暗号化、多重ペイロード、Fast Flux DNSに至るまで、組織の従来の防御では見つけることが難しい状況の中で静かに進行します。

  • 0
  • 24
Displaying 1 to 30 of 520