PAN-OS 7.0の紹介

PAN-OS 7.0は、セキュリティ侵害の防御機能を強化するとともに、セキュリティ チームのポリシー管理を合理化します。本リリースは、次の3つの分野に重点を置いています。

応答時間の短縮

ACCは、操作性に優れた視覚的で直感的なユーザー インターフェイスを備えており、脅威アクティビティの優先度をグラフィカルに表示し、実用的なデータを提供します。そのため、迅速に対応することができます。

ACCの詳細については、こちらをご覧ください。

未知の脅威の検出

新しい自動相関エンジンは、セキュリティ侵害の兆候の相関関係を探り、侵入されたホストを自動的に検出して明らかにします。そのため、手動でデータ マイニングを行う必要はありません。

自動相関エンジンの詳細については、こちらをご覧ください。

WildFire

複数バージョンの分析、グレイウェアの判定に加え、柔軟な導入を実現するハイブリッド クラウド機能が新たに備わりました。

WildFireの詳細については、こちらをご覧ください。

管理の合理化

直感的なネットワーク設定とポリシー管理、セキュリティ ルール ベースの一元化を実現しました。

Panoramaの詳細については、こちらをご覧ください。

M-500アプライアンス

大容量のM-500管理アプライアンスは、前面から背面へのエアフローとデュアル電源を備えており、大規模な導入やデータセンター環境に最適です。

M-500の詳細については、こちらをご覧ください。

さらに拡張オプションも提供 - オンデマンドの次世代セキュリティ - AWS

新しい従量制ライセンスをAWS Marketplaceから直接購入することができます。

AWSライセンスの詳細については、こちらをご覧ください。

ポート密度が高いNPC

PA-7050のインターフェイス オプションが広がり、ネットワーク統合が簡略化されます。

7050のNPCの詳細については、こちらをご覧ください。

資料

PA-OS 7.0のプレス リリースを読む

ブログを読む

解説画像を見る

Learn more about the PA-7050

What's new in PAN-OS