データ センターの保護

ビジネスを中断せずに攻撃を防御

高性能データ センターの保護と
セキュリティの自動化

現在のデータ センターでは、アプリケーションやデータをオンプレミスとクラウドの両方で迅速に導入する必要があります。この新しいモデルでは、データやアプリケーションの場所に関わらず、一貫した保護が必要です。 セキュリティは確実に高パフォーマンスで実現する必要があります。 高いパフォーマンスのセキュリティが必須です。

Palo Alto Networks®の次世代ファイアウォールは、防御重視のアーキテクチャを使用して、オンプレミスおよびクラウドでデータセンターを保護します。VM-Series、PA-7000 Series、PA-5200 SeriesおよびPA-5000 Seriesのアプライアンスは、パフォーマンスに影響を与えることなく、攻撃を阻止します。

また、導入と使用が容易なイノベーションの利用も可能にします。 これで、サイバー攻撃を防御してワークフローを自動化できるようになりました。ビジネスを全速力で推進することができます。

仮想化されたデータ センターの保護

ゼロ トラスト アーキテクチャへの移行

パロアルトネットワークスは、ゼロ トラスト アーキテクチャの導入を可能にします。このアーキテクチャは、信頼できるという前提を取り払ったうえで、穴だらけの境界重視型戦略の欠陥に対処する、従来とは異なるセキュリティ モデルです。 ゼロ トラストでは、ユーザー、デバイス、アプリケーション、パケットなどのすべてのエンティティが、それが何で、どこにあって、企業ネットワークとどのような関係があろうと、無条件に信頼されることはありません。 このアプローチを採用すると、ユーザーや場所に基づいて、すべてのデータやリソースに安全にアクセスできるようになります。

 

関連製品

PA-7000 Series

企業およびサービス プロバイダへの導入に適した性能、インテリジェンス、シンプルさ、多用途性を兼備

詳細情報

PA-5200 Series

企業のデータ センターやサービス プロバイダに適した妥協のないセキュリティと高パフォーマンスの多用途性

詳細情報

PA-5000 Series

高パフォーマンスで、データ センターへの導入に適した一貫したアーキテクチャ

詳細情報

VM Series

VM-Seriesは、アプリケーションの有効化と脅威防御により、プライベート クラウドやパブリック クラウドの導入環境を保護します。

詳細情報

Panorama

Panorama™ネットワーク セキュリティ管理を使用すると、実装が容易になり、ポリシーの作成と管理を一元化できるようになります。 効率的なルール ベースにより次世代ファイアウォールの設定と管理を集中化することで、ネットワーク全体の脅威に関する洞察を得ることができます。

詳細情報

セキュリティ ライフサイクル レビュー(SLR)のリクエスト

SLRでは、ネットワーク トラフィックの調査に基づいて、それぞれの組織独自の包括的なレポートが生成されるため、セキュリティ体制における脆弱性の原因になっているアプリケーションと脅威を知ることができます。 今すぐリクエスト