Gartnerの調査によると、2023年までのファイアウォール侵害の99%は、ファイアウォールの欠陥ではなく、ファイアウォールの設定ミスが原因であるとされています。企業は通常、まず基本的な機能を実装します。そして保護を最大化する多くの機能のセットアップを後回しにします。