「マイナビニュース」特別編集
今までにない手法で
「未知の攻撃」を防御する
パロアルトネットワークスの
エンドポイントプロテクション

Mon Nov 16 07:00:00 PST 2015 at Mon Nov 16 07:00:00 PST 2015

技術に精通した少数の攻撃者が、不特定多数の個人ユーザーを狙って大量のマルウェアをばらまくという時代は、すでに過ぎようとしている。

現代のサイバー犯罪組織は、非常に大規模で資金も豊富、大勢の開発者やオペレー

ターを雇って、サイバー攻撃を行っている。実際、2013年から2014年にかけて、標的型攻撃は倍近くに増加したと言われており、現在でも増え続けている。

「小企業だから狙われない」「狙われても盗まれる情報などない」などという言い訳は通用しない。大企業を狙うために、セキュリティレベルの低い関連企業や取引先を足がかりにするのは、もはや常識的な手法だ。機密情報を保有していなかったとしても、オンラインバンクを通じて金銭を窃取できれば、十分な費用対効果が見込める。

すでに多くの経営者が理解していることだろうが、セキュリティ対策は重大な経営課題である。この数年の情報漏洩事故・事件の結果が、それを如実に物語っている。

最も重要なことは、この課題はあらゆる企業に当てはまるということだ。今、企業にはより効果的なセキュリティ対策を打つことが求められている。

詳細はPDFをダウンロードしてご覧ください。

file