今日の最新のサイバー攻撃は、組織の機密情報の盗難(個人情報や財務データなど)、組織のシステムやネットワークの乗っ取り、システムやネットワークの使用をできないようにするなどの重大なダメージを組織に与えるように設計されています。

サイバー攻撃は、先ず標的のネットワーク内のシステムをウイルス感染させるところから始まります。 



ほとんどが、組織内のユーザのサーバ、コンピュータ、タブレットコンピュータにうっかりマルウェア(悪意のある実行ファイル)を実行させてしまったり、正規なシステムやアプリケーションを装って、マルウェアを実行させようとしたりします。