ファイアウォールはエンタープライズ データ セキュリティの基盤です。ところが、すべてのファイアウォールが同じに作られているわけではなく、ニーズ、リスク、およびデータ フローが同じである組織は2 つとありません。今日の高度な攻撃から保護するためにファイアウォールが必要である一方で、イノベーションと成長の促進に不可欠なパフォーマンスと稼働時間を保持する必要もあります。新しいファイアウォールの購入を検討している場合、当然、次世代ファイアウォール テクノロジの多くのメリットと、次世代ファイアウォールこそが進むべき道であることを理解しているものと思われます。

しかしながら、現在および将来の組織固有のネットワーク、パフォーマンス、およびセキュリティのニーズを満たすのに最適な次世代ファイアウォールをどのように自信を持って選択すればよいのでしょうか。