日付

業種別

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 721 to 750 of 771

誰にでもわかる次世代ファイアウォール: eブック

本書では、次世代ファイアウォールの概要について詳細に説明します。ここでは、ネットワーク セキュリティの進化、Enterprise 2.0アプリケーションの登場とそれに関連する脅威、従来のファイアウォールの欠点、および次世代ファイアウォールに見られる高度な機能について検証します。
  • 0
  • 159

パロアルトネットワークス合同会社 代表執行役員社長にアリイ・ヒロシが就任

次世代ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、以下パロアルトネットワークス)は、2014年8月1日付け でアリイ・ヒロシが代表執行役員社長に就任したことを発表します。今後、パロアルトネットワークスは、アリイ・ヒロシのリーダーシップの下、最重要市場の 一つである日本においてさらなるビジネスの発展に取り組みます。
  • 2
  • 3675

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークスがBash脆弱性Shellshockに対処: CVE-2014-6271への対策

米国西海岸時間の9月24日午前6時頃、UNIX系OSで広く利用されているBourne Again Shell (以下、Bash) に存在する脆弱性の詳細が複数のLinuxベンダーから公開されました。MITRE社によってCVE-2014-6271として割り当てられたこの脆弱性は、英国のロボット会社SeeByte社のUNIXおよびLinuxネットワーク電気通信管理者兼IT管理者のStephane Chazelas氏によって最初に発見されました。

  • 0
  • 464

CTC、パロアルトネットワークスとの協業を強化し、セキュリティ事業を推進

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、サイバー攻撃から企業のネットワークを守るセキュリティソリューションを提供するパロアルトネットワークス 合同会社(代表執行役員社長:金城 盛弘、本社:東京都千代田区)との協業関係を強化します。パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PAシリーズ」を中心に、本日から一次販売 代理店としてパロアルトネットワークス製品を使用したセキュリティソリューションを提供します。販売から運用・保守サポートまでをワンストップで提供し、 3年間で25億円の売上を目指します。
  • 0
  • 169

パロアルトネットワークスの調査が、日常に潜むサイバー攻撃の脅威の闇を照らす

次世代ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:金城 盛弘、以下パロアルトネットワークス)は、ビジネスアプリケーションの脆弱性をつく手法に関する最新調査「アプリケーションの使用および脅威分析レポート (Application Usage and Threat Report)2014年版」の調査内容を発表します。本調査にて、経営者やセキュリティ担当者がセキュリティ対策の見直しを検討する際に役立つ見識を提 供します。
  • 0
  • 123

パロアルトネットワークスがInternet Explorerに存在する重大な脆弱性21件を特定

Palo Alto Networks® (NYSE: PANW) は米国時間6月10日、同社のセキュリティ脅威リサーチチームがMicrosoft Internet Explorer(IE)に影響する重大なゼロデイ脆弱性、合計21件を発見した事を発表しました。
  • 0
  • 139

パロアルトネットワークス、企業を標的とする新たなサイバー攻撃の脅威を発見

エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW) は、ナイジェリアのサイバー犯罪者がこれまで主な標的としていなかった企業へ侵入するために、一般的なマルウェアを改良させていることを発表しました。
  • 0
  • 101

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス、マジッククアドラントで3年連続「リーダー」に選出

Gartner, Inc. は最新のエンタープライズネットワーク・ファイアウォール部門のマジッククアドラントを発表し、パロアルトネットワークスが3年連続「リーダー」の評価を獲得しました。簡単にガートナーのエンタープライズ・ファイアウォール市場の特筆すべきポイントを紹介しましょう。

  • 0
  • 136

パロアルトネットワークス、エンタープライズネットワーク・ファイアウォール部門のマジッククアドラントで3年連続「リーダー」の評価を獲得

エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるパロアルトネットワークスは本日、Gartner, Inc.(以下、ガートナー)の「エンタープライズネットワーク・ファイアウォール部門のマジッククアドラント」において、「リーダー」の評価を獲得したことを発表しました。今回選出された事で、パロアルトネットワークスは、3年連続でエンタープライズ・ファイアウォールのマジッククアドラントのリーダーに選ばれたことになります。
  • 0
  • 155

リサーチセンターブログ Heartbleed (CVE-2014-0160) の実世界での影響: Web は始まりに過ぎない

我々はSSLが現代のインターネットにおいていかに重要であるか、またHeartbleed脆弱性 (CVE-2014-0160: OpenSSL Private Key Disclosure Vulnerability) がWeb全体にまたがる通信の完全性をどのように侵害するかを認識しています。これまで確認できていないことは、このウサギの巣穴がどれだけ深く続くのかということです。アリスには申し訳ありませんが、大変な状況です。

  • 0
  • 142

パロアルトネットワークス、Heartbleed脆弱性から企業を守るプロテクションを提供

エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW) は、Heartbleed脆弱性 (CVE-2014-0160) からシステムを保護する脅威防御シグネチャの提供を開始したことを発表しました。
  • 0
  • 252

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス、Windows XPユーザーを保護

マイクロソフトがWindows XPサポートを終了したことを今週発表しました。以降、企業や団体は未だ広く利用されている基本ソフト(以下、OS)であるWindows XPのセキュリティアップデートや更新パッチを適用することは出来なくなります。

  • 0
  • 172

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス「Heartbleed」問題に対処 (CVE-2014-0160)

OpenSSLで深刻な脆弱性が見つかった(CVE-2014-0160: OpenSSL Private Key Disclosure Vulnerability)問題はOpenSSL 1.0.1から1.0.1fを実行しているサーバーに影響があり「信頼できる認証局から発行された証明書を利用しているSSLウェブサーバーの17%以上」と推測されています。

  • 0
  • 140

Palo Alto Networks®、CYVERAの買収合意を発表

Palo Alto Networks® (NYSE: PANW) はイスラエルのテルアビブに拠点を置く株式未公開のサイバーセキュリティ企業Cyvera(サイヴェラ)を買収することについて最終合意に至ったと発表し ました。本合意は、Palo Alto Networksが総額約2億米ドルでCyveraの全発行済み株式を取得します。買収は慣例的な完了条件と規制の審査を受けて、会計年度の2014年度 後半に完了する予定です。
  • 0
  • 319

リサーチセンターブログ CyveraとMortaの買収はパロアルトネットワークスとあなたにとって何を意味するのか

私たちはCyvera(サイヴェラ)の買収と、既に買収したMorta Security(モルタセキュリティ)の技術によって、パロアルトネットワークスプラットフォームとして、1つのインターフェイスを通してホストからネットワーク全体に対し、キルチェーンによる検知やブロックのポリシーを設定する機能を提供する最初の商用システムになるだろう。

  • 0
  • 229

シトリックスとパロアルトネットワークスがNetScaler® SDX™上での統合マルチテナント ネットワーク セキュリティとADCサービスを共同で提供

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: マイケル キング 以下、シトリックス) は本日、同社のサービスデリバリーネットワーキングプラットフォームCitrix® NetScaler® SDX™上 に、パロアルトネットワークス合同会社 (本社: 東京都千代田区、代表執行役員 社長: 金城 盛弘 以下、パロアルトネットワークス) が提供する次世代の仮想化ファイアウォール・脅威保護製品Palo Alto Networks VM-Seriesを統合可能にすることを発表しました。これにより、お客様は単一のマルチテナントプラットフォーム上で、個々のアプリケーションのニー ズに合わせて調整された専用のアプリケーションデリバリーコントローラ (ADC) と次世代のファイアウォールを統合して運用することが可能になります。お客様はアプリケーションを安全に有効化し、既知および未知いずれの脅威からも保護 し、アプリケーションの可用性とパフォーマンスを最大化することができます。
  • 0
  • 172

Palo Alto NetworksとVMware、Software-Defined Data Centerのセキュリティの進化に向けた戦略的パートナシップを拡大

Palo Alto Networks®(NYSE: PANW)とVMware(NYSE: VMW)は本日、新たな販売店契約に加え、(NYSE: PANW)とVMware(NYSE: VMW)は本日、新たな販売店契約に加え、以前に両社が発表したネットワーク セキュリティとネットワーク仮想化を 統合した共同ソリューションの一般提供開始を発表し、両社の戦略的パートナシップを拡大しました。Palo Alto NetworksとVMwareの共同ソリューションにより、顧客はVMware NSX™の分散ネットワークやサービス追加機能とPalo Alto Networksの次世代セキュリティ技術を使用し、Software-Defined Data Center(SDDC)環境上での容易なアプリケーションの導入、拡張、安全な利用、保護が可能になります。また、一元化されたポリシーの管理/適用が可能になり、さらなる俊敏性と効率性を実現できます。
  • 0
  • 80

九州大学が国立総合大学として国内初のBYODによる学生PC必携化実現のために、次世代ファイアウォールPA-5050を導入

次世代ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:金城 盛弘、以下パロアルトネットワークス)は、国立大学法人 九州大学(福岡市、以下九州大学)が、次世代ファイアウォールのPA-5050の本格運用を開始したことを発表します。九州大学では、2013年度から国 立総合大学として国内で初めて学生のPC必携化に移行しており、大学院生含めて約19,000 人の学生のBYOD(BRING YOUR OWN DEVICE)実現のために、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールを採用しました。パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールによ り、著作権を侵害する恐れのあるファイル交換ソフトの使用を制限しつつ、必要なアプリケーションだけを許可するような、学生がいつでもどこでも自発的に学 習できる環境を構築しています。
  • 0
  • 244

パロアルトネットワークス、業界最速の次世代ファイアウォールを発表

次世代ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:金城 盛弘、以下パロアルトネットワークス)は、本日、業界最高のパフォーマンスを実現した次世代ファイアウォール、PA-7050を提供開始します。アプリケーションの制御、IPS、AV、全トラフィックでのクラウド型マルウェア分析仮想サンドボックス「WildFire™」の実行をはじめとする次世代ファイアウォール機能の主要機能を備えたPA-7050は、最大120Gbpsのスループットと安定したパフォーマンスを両立しています。安定したパフォーマンスにより、エンタープライズ環境の境界線からデータセンターにいたるネットワーク全体に次世代ファイアウォールのセキュリティを実装でき、セキュリティのためにネットワークパフォーマンスを犠牲にする必要がなくなります
  • 0
  • 236

PA-7050スペックシート

PA-7050の主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。
  • 0
  • 258

PAN-OS 6の新機能

  • 0
  • 241

パロアルトネットワークス、高度なサイバー攻撃を検知防御する次世代FW向け最新OS「PAN-OS™ 6.0」を発表

次世代ファイアウォールベンダーのパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:金城 盛弘、以下パロアルトネットワークス)は、本日、サイバー攻撃の脅威検知と防御機能を向上させた次世代ファイアウォール向け最新OS「PAN-OS™ 6.0」を発表します。
  • 0
  • 397

GlobalProtectデータシート

次世代ファイアウォールによる完全制御と統合型脅威防御を、あらゆる場所のあらゆるユーザーに提供するGlobalProtectの概要。このデータシートは、イタリア語韓国語およびポルトガル語で提供されています。
  • 0
  • 2736

リサーチセンターブログ Baidu IMEへの弊社の対応について

2013年12月26日、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、Baidu IMEの「クラウド入力」機能をオフにするか、使用しないことを中央省庁に対し注意喚起しました。

  • 0
  • 169

パロアルトネットワークスのエンタープライズセキュリティ プラットフォームによるPCIコンプライアンスの整備

ペイメントカード詐欺による2012年のグローバルな損失は112億ドル超にも及び、PCI DSSの必要性がこれ程までに明らかになったことはかつてありませんでした。2 Verizon社 2014 PCIコンプライアンス レポートによると、ペイメントカード データは依然として現金に換金する最も簡単な方法の一つとして取り上げられており、それが原因で小売り、宿泊、食品サービス企業への攻撃の74%がこの種 の情報入手を明確に標的としています。
  • 0
  • 123

Panorama集中管理M-100データシート(英語)

パロアルトネットワークスの複数のファイアウォールをグローバルに制御する集中セキュリティ管理システムである、Panoramaの概要。
  • 0
  • 2471

製品概要スペックシート

  • 1
  • 26855

医療業界、医療サービス業者:次世代ソリューションによるセキュリティ環境の変化

医療サービス事業者内でセキュリティやITを担当するスタッフの皆さんの課題に焦点を当て、必要とされる安全でコンプライアンスを遵守できるアプローチについてパロアルトネットワークス製品がサポートできるポイントについてまとめています。
  • 0
  • 129

次世代ファイアウォールを支えるApp-ID技術

最近、ファイアウォールにおけるアプリケーションベースの可視化と制御に関する話題を多く耳にする様になりました。
しかし、これらの製品は実際にIPSエンジンをベースとしたものであり、いまだに初期段階のトラフィック分類ではポート番号やネットワークプロトコルによる識別を行っています。
アプリケーション識別技術における従来型ファイアウォール/UTM製品とApp-IDとの決定的な違いを解説します。
  • 0
  • 167

侵入防止の未来 - 次の IPS として次世代ファイアウォールを使用する理由

回避機能を持つアプリケーションと暗号化を使用する脅威によって、アプリケーション と脅威をめぐる状況は変化しており、従来のIPSとファイアウォールを組み合わせた モデルでは、これらの新しい脅威に対応することはできません。新しい選択肢として 次世代ファイアウォールへの移行が注目されています。
  • 0
  • 134
Displaying 721 to 750 of 771