サイバーセキュリティはすべての業種にさまざまな形で影響を及ぼしますが、新しいシステム、アプリケーション、デバイスの導入が常に必要であることには変わりありません。では、セキュリティを損なうことなく、予算内でスケジュールどおりに革新的なテクノロジを導入するにはどうすればよいのでしょうか。

パロアルトネットワークスのセキュリティ ソリューションを使用すれば、ネットワーク内のどんなに離れた場所や特殊な場所でも、アプリケーション、プロトコル、ユーザ、コンテンツに基づいて、すべてのトラフィックを完全に監視して制御することができます。パロアルトネットワークスなら、それぞれの業種で利用している最新テクノロジの絶えず進化する複雑なエコシステムをより効果的に管理して保護することができます。


行政機関

行政機関や重要なインフラストラクチャを標的とするサイバー脅威が増加の一途をたどる中、ネットワークと情報システムの保護は世界中の行政機関にとって戦略的な優先事項となっています。競争優位を維持するには新しいアプリケーションや革新的なテクノロジを採用することが不可欠ですが、こうしたアプリケーションやテクノロジは新たな脆弱性をもたらし、ネットワーク セキュリティをさらに複雑にして新たな課題を生みます。

詳細情報

ヘルスケア

医療業界の多くの企業は、効率を高め、新しい規制に適合するためのテクノロジの革命期にあります。パロアルトネットワークスなら、こうした企業のお役に立てます。パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールを使用すれば、ネットワークにおける新しいテクノロジやアプリケーションの利用規定を定義して適用することができます。ネットワークの状態にかかわらず、パロアルトネットワークスのセキュリティ プラットフォームに簡単かつ安全に移行し、サイバーセキュリティ対策を迅速に強化することができます。

詳細情報

SCADAおよびICS

行政機関や重要なインフラストラクチャを標的とするサイバー脅威が増加の一途をたどる中、ネットワークと情報システムの保護は世界中の行政機関にとって戦略的な優先事項となっています。競争優位を維持するには新しいアプリケーションや革新的なテクノロジを採用することが不可欠ですが、こうしたアプリケーションやテクノロジは新たな脆弱性をもたらし、ネットワーク セキュリティをさらに複雑にして新たな課題を生みます。

詳細情報

教育機関

インターネットなどのネットワーキング テクノロジによって、多くの教育機関でより効率的で充実した学習体験が提供されるようになりました。その一方で、ネットワークの悪用やセキュリティの侵害によって生まれるリスクも大幅に増大しています。アプリケーションとユーザに基づいた独自のアクセス制御フレームワークに加え、多角的な脅威防御機能を備えたパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールは、教育機関の包括的なネットワーク セキュリティを確保するための最適なプラットフォームです。

詳細情報

金融サービス

パロアルトネットワークスのセキュリティ プラットフォームは、最新のマルウェアやサイバー脅威に対処するために一から構築されました。ネットワーク セキュリティに対するパロアルトネットワークスの画期的なアプローチは、ネットワーク上のあらゆるトラフィックの徹底的な監視に基づいています。これにより、ネットワーク上のすべてのアプリケーション、ユーザ、コンテンツを識別できるので、未知のリスクを制御して排除することができます。

詳細情報

サービス プロバイダ&通信事業者

通信事業者レベルのネットワークとそれに関連するサービスを保護して完全性を維持するには、進化を続けるネットワーク テクノロジのエコシステムとともに拡張可能な適応性に優れたセキュリティ ソリューションが必要です。パロアルトネットワークスならお役に立てます。

詳細情報

小売り

小売業界においては顧客からの信頼とブランド価値が最優先事項となります。自社のセキュリティ体制をよく理解し、利益を損なうことなく防御を強化することが重要です。パロアルトネットワークスなら、サプライチェーンから流通ネットワーク、数千の店舗まで、一貫した効率的なセキュリティを導入できます。

詳細情報


 

学校法人東洋大学

東洋大学は2017年3月、職員が利用する事務系システムのVDIクライアントに パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」を導入した。 情報漏えい対策の強化を目指すとともに、クライアントの運用管理コスト削減を目的に導入したという。 同大学では2013年からインターネットゲートウェイとしてパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PA-5020」も稼働させており、従来から利用するアンチウイルスと今回のTrapsによって、 あらゆる脅威から防御できるセキュリティ対策を実現させた。

  • 0
  • 158

セキュリティ対応強化に取り組むユニゾン・キャピタル 国内外全拠点にパロアルトネットワークスのTrapsを導入

ユニゾン・キャピタルは2016年、日本、韓国、シンガポールにあるグループ会社全体の社内ネットワークを統合した。この際に各国金融監督官庁の情報セキュリティガイドラインを 遵守する必要があり、ガイドラインをもとにセキュリティ診断を実施。そこでエンドポイントセキュリティの課題が指摘されたことから、アンチウイルスソフトウェアを補完する"最終保険" としてのソリューションの導入を検討。複数の製品を比較検討した結果、パロアルトネットワークスの「Traps」を採用した。

  • 0
  • 132

日鉄日立システムエンジニアリング株式会社

日鉄日立システムエンジニアリングでは、オフィス内マシンルームで運用していた社内システム基盤をクラウドへ移行する作業を進めている。インターネットゲートウェイも含めた移行を実現するために、同社はパロアルトネットワークス株式会社の仮想化次世代ファイアウォール「VM-300」を導入した。ネットワークを含むシステム基盤の導入・運用コストを大幅に削減するとともに、オンプレミス環境と同等以上のセキュリティレベルを確保するなどの効果が得られているという。 (続きは[ダウンロード]から)

  • 0
  • 194

TRAPS アドバンスト エンドポイント プロテクション テクノロジ概要

サイバー攻撃とは、ネットワークまたはエンドポイントに対してシステムにダメージを与えたり、情報を 盗んだり、または、それ以外の目標を達成するためにユーザーのコンピュータ システムを乗っ取ること を含む攻撃です。サイバー攻撃は、悪意のある実行ファイルをユーザーが意図しないで実行した場合や、 ユーザーが認識していない正規の実行ファイルの脆弱性を悪用した、隠れた有害なコードの実行により行 われます.

  • 0
  • 155

株式会社オープンハウス

株式会社オープンハウスは、2016年に実施したグループ全社ネットワークのリプレースに合わせ、パロアルトネットワークス株式会社の次世代ファイアウォール「PA-3020」を導入した。フルマネージドサービスで提供されていたネットワーク機器を切り替えるにあたり、従来よりも強固なセキュリティを実装できる機器の導入を検討した結果、パフォーマンスに優れ、第三者機関の評価も高いパロアルトネットワークス製品に決定。期待したとおりのセキュリティ対策 効果と運用管理性の向上が実現できたという。

  • 0
  • 85

学校法人 福岡大学

学校法人 福岡大学は、2015年9月に実施した新教育研究システム「FUTURE5」への更改を契機に、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PA-5050」を導入した。従来システムで逼迫していたファイアウォールへの負荷の課題を解決するとともに、将来的な全学ネットワーク環境としてIPv6への完全対応をにらんで採用したものだ。導入後は「決して止めてはならない」という要件を満たすとともに、パフォーマンスが大幅に改善するなど期待したとおりの効果が得られたという。

  • 0
  • 74