アプリケーション開発ワークフローを保護し、データ損失とビジネスの中断を防止

VM-Series on Amazon® Web Services (AWS® )は、仮想化された次世代ファイアウォールです。AWSのデプロイ環境に組み込んで、幅広い脅威から環境を保護できます。

パブリック クラウドへ安全に移行

AWSは俊敏性、拡張性、コスト効率という面で優れています。しかし、貴社の重要なデプロイ環境が高度なサイバー脅威から保護されていることを実証するには、どうすればよいでしょうか。VM-Series on AWSの高度なセキュリティ機能を利用することによって、それが可能になります。

完全な可視性

Threat Prevention

ゼロデイ エクスプロイトとマルウェアを防止

クラウドベースの脅威分析サービスであるWildFire®は、動的解析と静的解析、革新的な機械学習手法、画期的なベアメタル分析環境を独自の方法で組み合わせることによって、最も捕らえがたい脅威であっても検出および防御できます。

詳細情報

データ漏洩を防止

ファイル転送が可能なアプリケーションを制御し、ファイル転送機能の使用を制限することによって、データ漏洩を防止します。Threat Preventionのポリシーを適用することにより、コマンドアンドコントロール活動を使用したセカンダリ ペイロードの提供、次のステップの攻撃指示、データの持ち出しを防止できます。

詳細情報

防御の継続的な向上

すべての脅威に関する詳細ログは、同じ管理インターフェイス内に格納されるだけでなく、攻撃者の先を行くことができるようすべての防御メカニズム間で共有され、コンテキストの提供や保護の継続的な向上のために使用されます。WildFireは脅威の動作を監視し、これは長期間にわたって他の保護機能を向上させるのに役立ちます。

詳細情報(英語)

デプロイの自動化

拡張性および復元性

セキュリティを動的に拡張

AWS Auto ScalingやElastic Load Balancingとの統合によって、アプリケーションのワークロードとは独立して次世代セキュリティを動的に拡張し、AWSのトラフィックの変化に対応できます。

詳細情報(英語)

クラウド中心の高可用性を実現

Auto Scaling、Elastic Load Balancing、Auto ScalingグループなどのAWSのネイティブの復元性を確保するための機能は、クラウド中心の高可用性を実現し、ビジネスクリティカルなアプリケーションの稼働時間を最大化します。

詳細情報(英語)

大規模なデプロイ環境をコスト効率良く保護

Transit VPCなどの共有サービス アーキテクチャによって、VM-Seriesの次世代セキュリティ、接続性、およびその他のよく使用されるサービスが一元化されます。これにより、企業のファイアウォールにトラフィックをバックホールしたりVPCごとにVM-Seriesをデプロイしたりするのではなく、コスト効率に優れ、管理の容易な環境が構築できます。

詳細情報(英語)

AWS関連セミナー

開始時間はリンク先にてご確認下さい。

詳しい知識を得る


評価