テレワークを保護

安定したアクセスとシームレスなユーザー エクスペリエンスを利用して多数の従業員がリモート作業できるようにオンボーディングを計画するときは、安全なリモート アクセス機能を迅速に拡張することが重要です。受賞歴がある弊社のセキュリティには複数の導入オプションがあるため、大規模なリモート ワークを安全に実現できます。

世界をリードするサイバーセキュリティ会社

弊社のテクノロジは、70,000社の企業顧客に対して、 世界中の数十億の人々を保護する能力を提供しています。


最新のイベント一覧については、こちらをご覧ください

エンタープライズ セキュリティを簡素化

セキュリティを強化した、より安全な企業は、緊密に統合されたイノベーションを提供し、包括的なプロテクションを配信する、受賞歴のあるセキュリティから始めます。

Secure the Enterprise

PAN-OS 9.1の新機能

弊社の次世代ファイアウォールを強化するソフトウェアの最新リリースが提供開始されています。

PAN-OS 9.1の詳細を見る

クラウドの保護

業界で最も包括的なクラウド セキュリティでユーザー、アプリケーション、およびデータを保護することによって、クラウドへの安全なジャーニーを実現します。

Secure the Cloud

Unit 42のクラウド脅威分析

IaCに関する重要な発見、2020年のクラウド脅威予測、および独自のセキュリティのリサーチを閲覧できます。

詳細はこちら

セキュリティ運用の再創造

クラス最高の防御、検出、自動化、および対応の各機能を備えた、業界で最も包括的なセキュリティ運用向け製品スイート。

Secure the Future

Cortex XSOARの紹介

ネイティブの脅威インテリジェンス管理機能を備えた、業界初のセキュリティ オーケストレーションの自動化および対応プラットフォーム。

詳細はこちら

常に一歩先に行く

脅威の予測と防御における新たな可能性を創出。大量のデータを活用して包括的なセキュリティを提供。

Palo Alto Networks Partner Webinar Week - May 2020: Day 4 業界最高クラスのセキュリティを誇るSASEソリューション Prisma Accessのすべて ~ヤマハ製品との連携から見えたミライのカタチ~

テレワークが急速に広がるいま、ただリモートアクセスができるだけの環境づくりになっていませんか? Palo Alto Networks Prisma Accessは、いま注目度の高いクラウドソリューション「SASE(Secure Access Service Edge)」の1つです。 Prisma Accessを導入することで、自宅からの業務遂行を実現するだけでなく、社内ネットワークと同一レベルのセキュリティを提供、また本当にアクセス許可してもよい端末か否かまで制限が可能です。 そして、テレワーク推奨期間を終えたあとには、皆さまにもお馴染みのヤマハルーターからPrisma AccessへVPN接続するだけで、各地域の拠点や支店・店舗に対してもコントローラから一斉制御を行い、OSサポート切れ対処などの面倒なファイアウォールメンテナンスからも解放されます。 本セミナーでは、国内で唯一、Palo Alto Networks・ヤマハの両社一次代理店として活動するSCSKより、目の前のテレワーク課題からその先の未来も見据えたヤマハルーター活用まで、Prisma Accessならではのユースケースをお話させていただきます!
Online
Online