現在の企業は総合的なクラウド セキュリティを必要としています
試用する
企業がソフトウェア開発パイプラインを最新化し、クラウド ネイティブのアーキテクチャを採用するようになった現在、多くの人々がクラウド セキュリティが細分化されていることに気づいています。セキュリティに対するアプローチがまったく異なる複数のソリューションが絡み合って、アプリケーション、データ、インフラストラクチャを全体的に管理するための一貫性がないことに気づいています。現在、クラウド セキュリティ市場は転換点に差しかかっています。アプリケーション、情報、インフラストラクチャのためのクラウド セキュリティに関して根本的で統合されたアプローチを採用することにより、その企業は最新で最適な方策をとっていると顧客から評価されます。
クラウドの可能性をフルに引き出す
包括的なセキュリティ
  • アプリ、データ、ネットワーク、コンピューティング、ストレージ、ユーザー、PaaSサービスなど、クラウド ネイティブ テクノロジー スタック全体を通じて、統合された一連のセキュリティ機能を実現します。
  • あらゆるクラウド ネイティブ テクノロジーで一貫性のあるセキュリティとコンプライアンス管理を維持し、脅威や異常な活動を特定して防御します。
DevSecOpsを実現
  • アプリケーションのライフサイクル全体でセキュリティを自動化し、CI/CDパイプラインの一部としてスムーズなセキュリティ管理を実装します。
  • クラウド ネイティブのスタック全体で、開発ライフサイクルの全期間にわたって継続的な脆弱性インテリジェンスと自動化されたリスク優先順位付けを活用します。
  • すべてのリソースを調査し、設定ミスの根本原因を迅速に特定します。
クラウド全体を通じて一貫したセキュリティ
  • マルチクラウド環境やハイブリッド クラウド環境全体を通じて一貫したセキュリティとコンプライアンスを実現し、クラウド間のセキュリティに対する詳細な可視性を得ることによって、セキュリティ運用を簡素化します。
  • マルチクラウドおよびハイブリッド クラウドに導入したクラウド ネイティブ アプリケーション全体に対してセキュリティ ポリシー管理を適用し、インシデント調査を行います。
クラウド環境の保護
AWS AWS全体を通じてアプリケーションとデータを保護します。保護対象には、EC2、ECS、Lambda機能も含まれます。
Microsoft Azure Microsoft Azure全体を通じてアプリケーションとデータを保護します。保護対象には、AKS、ACR、Azure Functionsも含まれます。
Google Cloud Platform Google Cloud Platform全体を通じてアプリケーションとデータを保護します。保護対象には、Anthos、GKE、サーバーレス機能も含まれます。