日付

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 1 to 30 of 803

パロアルトネットワークスと TMIプライバシー&セキュリティコンサルティング、 経営を守る独自のセキュリティマネジメントフレームワークに関する 業務提携を開始

サイバーセキュリティのリーダー企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)とTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:大井哲也、以下TMIプライバシー&セキュリティコンサルティング)は、サイバー攻撃から経営を守るための独自のセキュリティマネジメントフレームワークの導入支援サービス「SMO (Security Management Office)イネーブルメントサービス」において、データ保護規制対応の観点での支援に関する業務提携を開始したことを発表します。同サービスは、今後、パロアルトネットワークスのサイバーセキュリティとテクノロジーの知見と、TMIプライバシー&セキュリティコンサルティングのGDPR、CCPA、中国サイバーセキュリティ法など国内外のデータ保護規制対応の知見と経験に基づき提供されます。
  • 0

AWS Lambda セキュリティのベスト プラクティス

セキュアなAWS Lambda サーバレス アプリケーションの構築と導入
  • 0

クラウドセキュリティ運用基盤 Prisma Cloud Webセミナー 【第3回】「セキュリティ運用基盤」で実現するパブリッククラウド・セキュリティの全社統合

本社の基幹システムで利用しているパブリッククラウドは十分守られていても、事業部や海外子会社が契約しているパブリッククラウドで事故が発生する例が多くございます。 本セッションでは、それぞれ個別に契約・管理されている他事業部、子会社等のパブリッククラウドのセキュリティ運用を統合し、以下の観点で管理と品質担保を行う方法をご紹介します。
  • 0

米Palo Alto Networks、 ネットワークセキュリティ企業Aporetoの買収完了

世界的なサイバーセキュリティのリーダー企業である米Palo Alto Networks® (NYSE: PANW) は、マシンIDベースのマイクロセグメンテーションを提供する米Aporeto Inc.の買収が完了したことを発表しました。この買収により、Palo Alto NetworksのPrisma Cloudによるクラウドネイティブセキュリティプラットフォームがさらに強化されます。
  • 0

次世代ファイアウォールを120%使い倒す!

ついに迎えた東京オリンピックイヤーの2020年、サイバーセキュリティ対策は万全でしょうか。 オリンピック開催国は、大会の運営そのものだけでなく、公共インフラ(電力、通信、交通など)や一般企業においても攻撃の標的になる可能性があります。
  • 0

クラウドセキュリティ運用基盤 Prisma Cloud Webセミナー 【第2回】クラウドネイティブに必要となるセキュリティとは

エンタープライズ開発環境にクラウドネイティブアプローチを取り入れる企業が増えています。これまでのクラウドインフラにフォーカスした設定の脆弱性や偵察行為の検知だけでなく、CI/CDパイプラインからセキュリティを考慮する”シフトレフト”による開発段階での早期発見が必要となってきています。
  • 0

パロアルトネットワークス、SASEプラットフォームPrisma AccessにSD-WANとDLP機能を追加

サイバーセキュリティのリーダー企業であるパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、包括的な「SASE(Secure Access Service Edge:セキュア アクセス サービス エッジ)」プラットフォームとして、クラウド配信型のSD-WANおよびDLP(Data Loss Prevention:データ損失防止)を含む機能拡張した「Prisma Access」を日本市場で提供開始することを発表します。
  • 0
  • 319

セキュリティ オペレーションの要素

ゼロトラスト ネットワークを展開するための簡単なガイド
  • 0
  • 60

新しいサイバー攻撃による脅威や内部不正を検出! エージェントレスでDetectionとResponseを実現するCortex XDR in January

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。 一方、企業内においては各種セキュリティツールが導入され、SOC/運用チームは多数のアラートを処理することが不可能に近い状態になっています。 Cortex XDRはネットワークから収集されたデータをクラウド上で解析、機械学習による挙動解析により新しいサイバー攻撃や内部不正の予兆を検出することでエージェントを導入できない業務システムやモバイル/IoT環境も保護します。
  • 0

GlobalProtectデータシート

次世代ファイアウォールによる完全制御と統合型脅威防御を、あらゆる場所のあらゆるユーザーに提供するGlobalProtectの概要。このデータシートは、イタリア語韓国語およびポルトガル語で提供されています。
  • 0
  • 3302

Zingbox

Zingbox IoT Guardian は、Internet of Things (IoT) のセキュリティ製品であり、IoT ライフサイクルのオーケスト レーションを自動化してあらゆる資産を保護、管理、および最適化することができます。Zingbox IoT Guardian は、 独自の、IoT パーソナリティに基づくアプローチを使用し、検出から廃棄までのライフサイクル全体を通じて、IoT デバイスを保護し、管理します。お客様は、1 つのシステムからIT とIoT のインフラストラクチャの脅威の検出と 対応を自動化できます。
  • 0

CORTEX XDR

クラウドから提供する分析機能と機械学習により、素早く攻撃を探し当て、阻止します。
  • 0
  • 126

クラウドセキュリティ運用基盤 Prisma Cloud Webセミナー 【第1回】「自動化」で進めるパブリッククラウド・セキュリティの運用効率化

パブリッククラウドのセキュリティ違反を可視化する方法はあっても、違反後の調査・対応などが運用に組み込めず負担のかかる作業に悩まされているお客様が多くいらっしゃいます。 本セッションでは、セキュリティ違反の検出から調査・対処・チューニングを一貫してできるパブリッククラウド・セキュリティをご紹介します。
  • 0
  • 52

新しいサイバー攻撃による脅威や内部不正を検出! エージェントレスでDetectionとResponseを実現するCortex XDR in January

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。一方、企業内においては各種セキュリティツールが導入され、SOC/運用チームは多数のアラートを処理することが不可能に近い状態になっています。Cortex XDRはネットワークから収集されたデータをクラウド上で解析、機械学習による挙動解析により新しいサイバー攻撃や内部不正の予兆を検出することでエージェントを導入できない業務システムやモバイル/IoT環境も保護します。データ収集には、次世代ファイアウォールをはじめ、各種デバイスをセンサーとして利用できるため、専用のセキュリティデバイスを追加することなく実現できます。本ウェビナーにおいては、エージェントを導入せずに実現するCortex XDRを中心にご紹介します。
  • 0

Prisma Public Cloud: 概要

パロアルトネットワークスのPrisma Cloudを利用すると、組織はパブリック クラウド コンピューティング環境において、コンプライアンスを維持し、セキュリティを管理し、セキュリティ運用を実施できます。
  • 0
  • 73

概要: Prisma Cloudコンピューティング エディション

概要に関する文書を読んで、実現方法をご確認ください。
  • 0
  • 73

Prisma Access (GlobalProtect Cloud Service) データシート

Prisma Accessが提供する機能の技術概要を紹介します。
  • 1
  • 771

Prisma Access: 概要

Prisma Accessは一貫性のある防御策をクラウドから提供します。その概要をお読みください。
  • 0
  • 3334

AutoFocusデータシート

パロアルトネットワークスのAutoFocus™脅威インテリジェンス サービスは、セキュリティ チームが特異的な標的型攻撃から組織を保護する方法を再構築します。このホスティングされたセキュリティ サービスは、迅速な対応を要する攻撃を理解するために必要なインテリジェンス、分析、コンテキストを提供するとともに、実用的なインジケータを通じて将来の攻撃を防御する機能を提供します。AutoFocusサービスの主なメリットをデータシートでご確認ください。
  • 0
  • 294

マネージド ディテクション & レスポンス

業界をリードするパロアルトネットワークスのMDRパートナーと連携し、Cortex XDR™を基盤とする迅速で徹底的なセキュリティ オペレーションを実現しましょう。ネットワーク、エンドポイント、クラウドを対象に、24時間365日稼働するアラート管理、脅威ハンティング、インシデント対応を提供。高い専門知識と高度なリソースを有するパロアルトネットワークスのパートナーが、日常業務の負担を大幅に低減します。数年かかることも珍しくない新しい環境への移行はわずか数週間で完了。その直後、検出に要する時間(MTTD: Mean Time To Detect)と対応に要する時間(MTTR: Mean Time To Respond)は60分以内に短縮されます。この時間はSLAで保証されています。
  • 0

パロアルトネットワークス、ディテクション&レスポンス製品を再定義するCortex XDR 2.0を発表

世界的なサイバーセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks (NYSE:PANW) は、エンドポイント、ネットワーク、クラウドのデータを完全に統合する業界唯一のディテクション&レスポンスプラットフォームCortex XDRの最新版Cortex XDR 2.0を発表しました。
  • 0
  • 207

新しいサイバー攻撃による脅威や内部不正を検出! エージェントレスでDetectionとResponseを実現するCortex XDR in December

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。 一方、企業内においては各種セキュリティツールが導入され、SOC/運用チームは多数のアラートを処理することが不可能に近い状態になっています。 Cortex XDRはネットワークから収集されたデータをクラウド上で解析、機械学習による挙動解析により新しいサイバー攻撃や内部不正の予兆を検出することでエージェントを導入できない業務システムやモバイル/IoT環境も保護します。
  • 0
  • 56

複数のクラウド環境に対する ゼロ トラストの適用

このホワイトペーパーで、どのようにゼロトラスト戦略をクラウド環境に適用するかご紹介します。
  • 0
  • 52

クラウドにおけるセキュリティの課題

各種のクラウドネイティブ アーキテクチャによるセキュリティ体制への影響について解説します。
  • 0

Prisma Access for Clean Pipe

Prisma Access for Clean Pipe は、SP や通信事業者向けのアウトバウンド インターネット セキュリティ サービスです。このサービスは、エクスプロイト、マルウェア、その他悪意のあるコンテンツなどの脅威に対する保護を提供します。SP はこのサービスを利用することによって、顧客が望むセキュリティ レベルに基づき、さまざまなクラスのインターネット サービスを提供できるようになります。
  • 0
  • 83

ハイブリッド データセンターを保護するための3つのユース ケース

最高の可視性、制御、次世代の脅威防御を提供しながら、物理、仮想、クラウド(ハイブリッド)の環境にまたがって統一されたセキュリティ アプローチをどのように適用しますか。
  • 0
  • 56

パロアルトネットワークス、 独自のセキュリティマネジメントフレームワークの 導入支援サービスを提供開始

サイバーセキュリティのリーダー企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、サイバー攻撃から経営を守るための独自開発のセキュリティマネジメントフレームワークの導入支援サービス「SMO (Security Management Office)イネーブルメントサービス」を2019年12月より提供開始することを発表します。同サービスは、パロアルトネットワークスのサイバーセキュリティとテクノロジーの知見と、パートナーの法律事務所の法規制の知見に基づき提供します。企業の経営層は、同サービスにより、ビジネスの企画段階から運用までのプロセスに、一気通貫にサイバーセキュリティ戦略を組み込むことができます。
  • 1
  • 291

パロアルトネットワークス、 テクノロジー主導のビジネスにおけるサイバーセキュリティに関する 調査結果を発表

サイバーセキュリティのリーダー企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、テクノロジー主導のビジネスにおけるサイバーセキュリティの現状を明らかにするために実施した「デジタル時代の企業経営とサイバーセキュリティに関する実態調査」の結果を発表します。
  • 0
  • 138

DX、クラウド、IoT時代の サイバーセキュリティ 意思決定者の意識調査

Society 5.0やクラウド・バイ・デフォルト、働き方改革といったコンセプトや取り組みが国内でも提唱されているように、クラウドやモバイルの活用からInternet of Things(IoT)、デジタルトランスフォーメーション(DX)に至るまで、テクノロジー主導によるビジネス競争力の強化、ビジネスプロセスの効率化などの動きが進んでいます。 当調査を通じて、テクノロジー主導のビジネス推進が多くの企業で実施されている一方で、多くの企業が過去1年間に深刻なサイバー攻撃を経験しており、またサイバーセキュリティに関する取り組みは企業の中で後付け、サイロになっている現状が明らかになりました。
  • 0
  • 992

クラウドネイティブに必要となるセキュリティとは

エンタープライズ開発環境にクラウドネイティブアプローチを取り入れる企業が増えています。 これまでのクラウドインフラにフォーカスした設定の脆弱性や偵察行為の検知だけでなく、CI/CDパイプラインからセキュリティを考慮する”シフトレフト”による開発段階での早期発見が必要となってきています。 またGoogleのAnthosなどによるクラウドとオンプレミスを跨いだハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境に対するセキュリティ監視自動化なども注目されています。 これらのクラウドネイティブな環境にセキュリティを無理なく導入するPrisma Cloudに関してデモを交えてご説明いたします。
  • 0
Displaying 1 to 30 of 803