日付

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 1 - 30 of 835

Webinar

国内企業が取り組むセキュリティオペレーションの現状と今後の展望

クラウド活用や働き方改革、BCPでのテレワークなど、企業のIT環境が多様化すると同時に、企業のサイバーリスクも年々深刻なものになっています。セキュリティ担当者が行う業務、セキュリティオペレーションはますます煩雑かつ複雑なものになっています。

データシート

AutoFocus™脅威インテリジェンス サービスについて

パロアルトネットワークスのAutoFocus™脅威インテリジェンス サービスは、セキュリティ チームが特異的な標的型攻撃から組織を保護する方法を再構築します。このホスティングされたセキュリティ サービスは、迅速な対応を要する攻撃を理解するために必要なインテリジェンス、分析、コンテキストを提供するとともに、実用的なインジケータを通じて将来の攻撃を防御する機能を提供します。

データシート

優れたデータの力で攻撃を阻止

セキュリティ運用をリセットする必要があります。旧来のポイント製品は、ほとんどコンテキストがないアラートを絶え間なく生成するため、調査に非常に時間がかかったり、攻撃を見逃したりすることにつながります。セキュリティ チームの業務を変革するには、包括的なデータと詳細な分析を活用する新たなアプローチが必要です。Cortex XDR™プラットフォームは、防御、検出、調査、対応を統合したエクスペリエンスを提供するため、エンドツーエンドのコンテキストを踏まえながら攻撃を発見、阻止する方法を再考し、運用を劇的に簡素化することが可能になります。

Webinar

AWSセキュリティサービスと連携+強化するPrisma Cloudとは May

昨年AWS re:Invent 2019が開催され、様々な新しいサービスや機能が発表されました。それに伴いそれらに対してのセキュリティも考慮していく必要があります。

Webinar

PALO ALTO NETWORKS DAY 2020 VIRTUAL スポンサーシップ プログラム

2020年のPalo Alto Networks Day 2020 は、これまでのPalo Alto Networks Day とは異なり、オンライン(バーチャル)で実施する運びになりました。

ニュースリリース

米Palo Alto Networks、 SD-WANベンダーCloudGenix社の買収を完了

世界的なサイバーセキュリティのリーダー企業である米Palo Alto Networks ® (NYSE: PANW) は、業界をリードするクラウド配信型のSD-WANプロバイダーであるCloudGenix社の買収が完了したことを発表しました。 この買収により、Palo Alto Networksの包括的なSASE(Secure Access Service Edge:セキュア アクセス サービス エッジ)プラットフォームがさらに強化されます。

Webinar

迅速に、セキュアなテレワーク環境を整備する方法

昨今のビジネス需要として在宅勤務などテレワークの必要性が急速に高まっています。テレワーク環境を整備することは事業継続性(BCP)や働き方改革の観点からも重要な取り組みです。

データシート

CORTEX XDR

クラウドから提供する分析機能と機械学習により、素早く攻撃を探し当て、阻止します。

Webinar

「コンテナ運用におけるセキュリティポイントとは」~セキュリティ自動化ソリューションPrisma Cloud徹底解説

既に多くの企業で自社インフラおよびアプリケーションをクラウドにシフトする動きが加速し、一部の企業ではさらにクラウドネイティブアーキテクチャを採用するところも増えています。

ニュースリリース

パロアルトネットワークス、脅威情報管理を統合したSOARプラットフォーム Cortex XSOARを日本市場で提供開始

サイバーセキュリティのリーダー企業であるパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、本日より、企業全体の脅威に対する即時対応を実現する拡張されたSOAR (Security Orchestration, Automation and Response) プラットフォーム、Cortex XSOARを日本市場にて提供開始することを発表します。Cortex XSOARは、2019年3月にパロアルトネットワークスが買収したDemistoを機能強化したプラットフォームです。

rc.type.other

Cortex XSOAR 概要

セキュリティ オーケストレーションと自動化の再定義

データシート

Cortex XSOAR データーシート

セキュリティ オーケストレーション、自動化、対応を再定義

ニュースリリース

パロアルトネットワークス、 セキュリティオペレーションとSOAR活用の現状に関する調査結果を発表

サイバーセキュリティのリーダー企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、複雑になるIT環境と深刻化するサイバーリスクを背景に重要性が高まっているセキュリティオペレーションとSOAR(Security Orchestration Automation and Response)の国内での現状をまとめた「セキュリティオペレーションジャパンサーベイ 2020」の結果を発表します。

ニュースリリース

Chatwork、コンテナシフトに合わせたセキュリティ強化に Prisma Cloudを導入

サイバーセキュリティのリーダー企業であるパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、ビジネスチャットツールを「Chatwork」を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO兼CTO:山本 正喜、以下Chatwork)が、パロアルトネットワークスのクラウドネイティブセキュリティプラットフォーム「Prisma Cloud」をコンテナ環境に導入したことを発表します。

顧客事例

Chatwork株式会社

ビジネスチャットサービス事業を運営するChatwork コンテナセキュリティ強化を目的にPrisma Cloudを導入

Book

Next-Generation Firewalls For Dummies

Next-Generation Firewalls For Dummies, Palo Alto Networks Limited Edition

rc.type.other

6 Steps to Stop Ransomware in Schools and Governments

Read this brief to understand how ransomware penetrates schools and governments and six ways to stop it.

Webinar

「クラウドネイティブに必要となるセキュリティとは」PRISMA CLOUDのご紹介

エンタープライズ開発環境にクラウドネイティブアプローチを取り入れる企業が増えています。 これまでのクラウドインフラにフォーカスした設定の脆弱性や偵察行為の検知だけでなく、CI/CDパイプラインからセキュリティを考慮する”シフトレフト”による開発段階での早期発見が必要となってきています。

Webinar

新しいサイバー攻撃による脅威や内部不正を検出! エージェントレスのDetection And Responseも可能なCortex XDR

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。 一方、企業内においては各種セキュリティツールが導入され、SOC/運用チームは多数のアラートを処理することが不可能に近い状態になっています。

リサーチ

2020 年 - Unit 42 IoT 脅威レポート

IoT脅威の現状を評価するため、Unit 42 脅威インテリジェンスチームとIoTセキュリティの専門家が2018年から2019年にかけて米国にある120万台のIoTデバイスで発生したセキュリティインシデントを分析し、本レポートにとめました。

Webinar

医療Webinar: 導入事例に基づく次世代型エンドポイントセキュリティのすすめ

持ち込みUSBによる感染被害が増大しています。 昨今の攻撃者は、主要なアンチウィルスソフトで(検出されないことを)検証した上で未知のマルウェアを送信してくるため、従来型のアンチウィルスソフトでは対策が難しくなっています。

Webinar

医療Webinar: クラウド化の波はすぐそこに。はじめてのクラウドセキュリティ

他の産業と同様にヘルスケア業界にもクラウド化の波が押し寄せています。 今回のセッションでは、一般的なクラウドの形態とそのリスクを踏まえて、 どのようなセキュリティ対策が必要かについてご紹介いたします。

Webinar

~日々発生するセキュリティ脅威を定義されたプロセスに従い対処を実現~ Full SOARでセキュリティ運用を自動化するDEMISTO ウェビナー

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。 一方、各種セキュリティツール同士は直接通信することができず、各種デバイスから発生する大量のアラートに応じて、SOC/運用チームは多数のユーザアクションを繰り返す必要があり、処理することが不可能に近い状態になっています。

ニュースリリース

最新のクラウド脅威レポート:199,000の危険なテンプレートの存在とデータベースの43%が暗号化されていない現状が明らかに

世界的なサイバーセキュリティのリーダー企業である米Palo Alto Networks® (NYSE: PANW) は本日、クラウド環境での開発において、テンプレートの脆弱性が重大なセキュリティリスクを生み出すことを示す最新のクラウド脅威レポートを発表します。

リサーチ

クラウド脅威レポート

Infrastructure-as-codeで気をつけるべき脆弱性とは

Book

効果的な SASE ソリューションの 10 の信条

クラウドを利用する組織を保護する

Webinar

パロアルトネットワークスで実現する新セキュリティモデル、Secure Access Service Edge (SASE) について

クラウドに移行するアプリケーション、さらに、ユーザーのモバイル化が進むことで、ネットワークとネットワーク セキュリティ サービスを提供すべき方法が変わりつつあります。

ホワイトペーパー

クラウドネイティブ トポロジの 連続体

「ソフトウェアが世界を飲み込んでいる」という時代の流れに押され、ほとんどすべての組織が、自社のビジネスにとって競争力のあ る差別化要因としてソフトウェアへの投資を行っています。このことが、開発者の俊敏性を可能にするプラットフォームおよびツール、 さらには運用規模に対する需要の増加をもたらしつつあり、クラウドネイティブ トポロジに関する多種多様な選択につながっていま す。それぞれが利点とトレードオフの独自のセットをもたらしています、その結果、どれか1 つではなく複数のものを使用する決定を 行うことになります。組織は複数の選択肢を見つける可能性が高くなります。組織が変化および成長するにつれて、それぞれの選択肢 が異なるワークロードとユース ケースの利点をもたらします。

ニュースリリース

GVA TECH、コンテナ環境のセキュリティ強化に Prisma Cloudを導入

サイバーセキュリティのリーダー企業であるパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、リーガルテックサービスを開発・運営するGVA TECH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本 俊、以下GVA TECH)が、パロアルトネットワークスのクラウドネイティブセキュリティプラットフォーム「Prisma Cloud」をコンテナ環境に導入したことを発表します。
Displaying 1 - 30 of 835