クラウド セキュリティ体制管理

世界最大のクラウド全体に対する包括的なクラウド セキュリティ

クラウド アーキテクチャがさらに複雑になるにつれ、データ侵害やコンプライアンス違反につながる誤設定や脅威の検出と防御は、これまで以上に困難になっています。

企業はマルチクラウド アーキテクチャの柔軟性を活用するようになり、従来の統合されていないツールは障害となっています。セキュリティ チームは複数のツールやベンダーを使いこなさなければならず、これはコスト、複雑さ、リスクの増加につながっています。

強力なレポート機能や適切なポリシー フレームワークなしでは、24時間365日のマルチクラウドのコンプライアンスの実現は困難です。手動のプロセスには時間がかかり、また可視性の欠如は盲点を生み出します。

膨大な量のデータを収集する能力は、従来の時間がかかり、エラーが起こりやすい手動の分類プロセスをさらに増やします。

クラウド アーキテクチャがさらに複雑になるにつれ、データ侵害やコンプライアンス違反につながる誤設定や脅威の検出と防御は、これまで以上に困難になっています。
クラウド ネイティブ アプリケーション保護プラットフォームの時代についてのガートナーの見解を読むダウンロード

PRISMA CLOUDによる支援

クラウド セキュリティ体制管理に対する弊社のアプローチ

すべてのクラウド リソースを継続的に監視

包括的な可視性と制御

すべてのクラウド リソースを継続的に監視

強固なセキュリティ体制に向けた第一歩は、コンテキストに基づく深い可視性です。どのようなリソースがどこにあり、それぞれがどれだけ安全であるかがわかれば、事前構築済みまたはカスタマイズ可能なガバナンス ポリシーおよびガードレールを使用して、クラウドのコンプライアンスおよび安全性を維持することができます。
リスク評価を受ける

インテリジェントでコンテキストに基づく

機械学習を活用して脅威を検出、防御、修復

強力なクラウド脅威検出と高精度なアラートの鍵となるのは、脅威インテリジェンスと機械学習の深さと広範さです。ルールベースおよび行動ベースの分析を、クラウド環境の比類のない可視性と組み合わせることにより、SecOpsはノイズに惑わされずに、脅威を防御し、迅速に修復を行うことができます。
ビジネス ケースを読む
機械学習を活用して脅威を検出、防御、修復
データを大規模に検出して保護

継続と自動化

データを大規模に検出して保護

データ量の急増に伴い、より高度で繊細なデータの管理方法を採用することがきわめて重要になっています。安全なクラウド ネイティブ環境には、機密データをすばやく特定し、防御、マルウェア感染の予防、そしてコンプライアンスを保証するための統合され、自動化された方法が必要です。
ウェビナーを見る

弊社の製品

クラウド セキュリティ体制管理の強化

可視性、コンプライアンス、ガバナンス
Prisma Cloud

アプリケーション ライフサイクル全体を確実に保護

  • ガードレールを適用し、パブリック クラウド全体のコンプライアンスを確保

  • ネットワークの異常検出とUEBAによりクラウド全体の脅威を検出してレスポンス

  • パブリック クラウド ストレージ全体のデータ分類とマルウェア スキャン

脅威の2歩先を行く

サインアップして、セキュリティ アラート、クラウド セキュリティ イベント、Prisma™ Cloud製品の更新などの最新情報を入手しましょう。