ワークロードを脅威から保護し、ビジネスの中断を防止

VM-Series® on Microsoft® Azure®は、Azureのアプリケーション デプロイと運用環境に組み込んで脅威防御の水準を高めるための、仮想化された次世代ファイアウォールです。

セキュリティの強度を高めることによってAzureへの移行を加速

パブリック クラウドの採用は加速していますが、アプリケーションやデータの脅威レベルも高まっています。Azureのネイティブのセキュリティ機能をVM-Seriesファイアウォールで補完し、アプリケーション開発と運用環境のワークロードをパブリック クラウドに安全に拡張します。

完全な可視性

アプリケーションの識別情報を使用して必要な可視性を得て、脅威の範囲を劇的に縮小させます。

Threat Prevention

アプリケーション固有のThreat Preventionポリシーによって、攻撃の複数のフェーズを自動的にブロックします。

ゼロデイ エクスプロイトとマルウェアを防止

クラウドベースの脅威分析サービスであるWildFire®は、動的解析と静的解析、革新的な機械学習手法、画期的なベアメタル分析環境を独自の方法で組み合わせることによって、最も捕らえがたい脅威でさえ検出および防御できます。

詳細情報

データ漏洩を防止

ファイル転送が可能なアプリケーションを制御し、ファイル転送機能の使用を制限することによって、データ漏洩を防止します。Threat Preventionのポリシーを適用することにより、コマンドアンドコントロール活動を使用したセカンダリ ペイロードの提供、次のステップの攻撃指示、データ漏洩を防止できます。

詳細情報

防御の継続的な向上

すべての脅威に関する詳細ログは、同じ管理インターフェイス内に格納されるだけでなく、攻撃者の先を行くことができるようすべての防御メカニズム間で共有され、コンテキストの提供や保護の継続的な向上のために使用されます。WildFireは脅威の動作を監視し、これは長期間にわたって他の保護機能を向上させるのに役立ちます。

詳細情報(英語)

デプロイの自動化

デプロイ プロセスにVM-Seriesを組み込むことによって、セキュリティをクラウドのペースに合わせることができます。

拡張性および復元性

高度なセキュリティ機能と管理された拡張性によって開発チームをサポートします。

ワークロードの需要に応じてセキュリティを拡張

Azure Application GatewayやLoad Balancerとの統合によって、ワークロードの需要に応じて管理された方法でVM-Seriesを拡張することが可能なアーキテクチャをデプロイできます。

詳細情報(英語)

クラウド中心の高可用性を実現

Azureの可用性セットとAzure Application GatewayやLoad Balancerとの統合を組み合わせることにより、クラウド中心の高可用性を実現し、ビジネスクリティカルなアプリケーションの稼働時間を最大化します。

詳細情報(英語)

詳しい知識を得る


学ぶ


評価


実装