次世代ファイアウォール
上でSD-WANを簡素化
組織はさらに多くのアプリケーションをクラウドにデプロイし、比較的多くの帯域幅を消費する支社にさらに多くのデバイスを持ち込みつつあります。マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)のような従来の接続オプションは非常にコストがかかるだけでなく、プロビジョニングに時間がかかり、さらには多くの場所で帯域幅が制限される可能性があります。

現在は、ソフトウェア定義型広域ネットワーク(SD-WAN)を採用する組織が増えつつあります。しかし、この新しいテクノロジに移行することで、組織はセキュリティも運用の簡素さも失うことになります。機械学習を活用した次世代ファイアウォールによって実現したパロアルトネットワークスのSD-WANサブスクリプションでは、ネイティブに統合された世界レベルのセキュリティとネットワーキングが提供されます。
支社の接続性をファイアウォールから直接保護
業界屈指の以下の特徴により、従来のSD-WANソリューションの問題を解決します。
セキュリティ SD-WANにネイティブに組み込まれている業界屈指のセキュリティを手に入れます。
パフォーマンス 遅延を最小化して信頼性を確保することで、優れたエンドユーザー エクスペリエンスを実現します。
シンプル 既存のファイアウォールでのSD-WANの有効化が容易です。
関連する製品とサービス
機械学習を活用した次世代ファイアウォール 機械学習を活用した次世代ファイアウォールによって未知の脅威の一歩先を行き、IoTを含むすべてを可視化し、ポリシー推奨の自動化によってエラーを削減します。
CloudGenix SD-WAN アプリケーション定義型、自律型、クラウド提供型のSD-WAN
Prisma Access クラウドからネットワーク サービスおよびネットワーク セキュリティ サービスを提供するセキュア アクセス サービス エッジ(SASE)です。
VM-Series 機械学習を活用した次世代ファイアウォールの仮想化バージョンであるVM-Seriesが、セグメント化と予防型の脅威防御によってプライベートおよびパブリック クラウドのデプロイを保護します。
セキュリティ サブスクリプション パロアルトネットワークスのセキュリティ サブスクリプションは機械学習を活用した次世代ファイアウォールにネイティブに統合されており、機械学習によって自動化および推進される包括的なセキュリティを提供します。
Panorama 管理の複雑さを軽減しながら、ネットワークの可視性を高め、セキュリティに関したコンテキストを豊かにすることで、脅威に迅速かつ効果的に対応できるようになります。