Gartner MQのWANエッジ部門で「リーダー」に選出
従来のWANアーキテクチャでは、クラウド導入時やブランチ オフィスにおけるコモディティ インターネット接続の利用時に制約が発生します。現在、こうした組織の多くがソフトウェア定義型広域ネットワーキング(SD-WAN)に移行し、シームレスなクラウド移行、コスト削減、インフラストラクチャ自動化、ユーザー間のコラボレーション改善を実現しています。このレポートをお読みいただけば、Gartner Inc.による2020年Magic Quadrant®のWANエッジ インフラストラクチャ部門で、パロアルトネットワークスが「リーダー」の評価を獲得した理由がわかります。
MPLSからSD-WANへの移行は、243%のROIを達成したCloudGenix SD-WANにお任せください
SD-WANの実際の成果について詳しくは、TEI Spotlightレポートをお読みください
レポートを読む
従来のSD-WANアプローチの限界
組織がネットワークを変革するにつれて、現在のSD-WANソリューションは適合が容易ではなくなっています。
制限されたアプリケーションの可視性 レイヤー3パケットベースのポリシーによって、アプリケーションの可視性とアプリケーションベースのネットワーキング ポリシーが制限されます。
手動による操作 効果のないスケーリングと手動による操作が必要で、管理上の経費が増加します。
「後付け」のブランチ製品 セキュリティと接続性を両立させるために多数のポイント製品が必要なため、コストと複雑さが増大します。
CloudGenix SD-WANをお試しください
パロアルトネットワークスが提供するアプリケーション定義の自律型SD-WANソリューションが、クラウド提供型のブランチを実現し、エンタープライズのWANコストを削減します。
無料体験を始める
SD-WANへの新たなアプローチ
パロアルトネットワークスのCloudGenix SD-WANは、クラウド提供型のブランチを実現する業界初の次世代SD-WANソリューションです。
アプリケーション定義 アプリケーションの詳細な可視性とインテリジェントなレイヤー7ネットワーク ポリシーを提供します。
自律型 機械学習とデータ サイエンスを用いて、操作と問題回避を自動化します。
クラウド提供型のブランチ ブランチのセキュリティとネットワーキングがクラウドから提供されるため、コストが減少します。
関連の製品とサービス
Prisma Access セキュア アクセス サービス エッジ(SASE)で、ネットワーク サービスとネットワーク セキュリティ サービスをクラウドから提供します。
機械学習を搭載した次世代ファイアウォールへのSD-WANサブスクリプション パロアルトネットワークスのアプライアンスを使用してセキュアなSD-WANを提供し、単一の直観的なインターフェイスで管理します。
VM-Series 機械学習を搭載した次世代ファイアウォールの仮想化バージョンであるVM-Seriesが、セグメント化とプロアクティブな脅威防御を用いてプライベート クラウドとパブリック クラウドの導入を保護します。
Panorama 管理の複雑さを軽減するとともに、さらに優れたネットワークの可視性を得ることができます。また、セキュリティのコンテキストが強化されたため、迅速かつ効果的に脅威に対処できます。