Web閲覧時の安全性を実現

フィッシング サイトとマルウェア サイトに関する最新の脅威インテリジェンスを活用し、弊社のクラウドベースのURL分類を通じて好ましくないコンテンツを特定することで、攻撃のライフサイクル全般における保護を同期化してください。

いかなるときも脅威を阻止

弊社のURLフィルタリング データベース、PAN-DBを、WildFireのクラウドベース マルウェア分析環境およびパロアルトネットワークスの次世代セキュリティ プラットフォームと統合することで、最新のマルウェアおよび認証情報のフィッシング攻撃に対するネットワーク、エンドポイント、クラウド サービスの保護が常に保証されます。

法規制とリスク管理計画の準拠が容易

Webコンテンツのきめ細かな分類により、ユーザーがビジネスに適したオンライン コンテンツを操作するよう制御できます。また、カスタマイズ可能なアラートと通知により、ユーザーを教育したり、ポリシー違反の試みをモニターすることができます。


継続的に更新されるグローバル脅威インテリジェンス

弊社のWebカテゴリ リストには、マルウェア、フィッシング、プロキシ回避などの複数の高リスク カテゴリが含まれています。これにより、これらの危険なカテゴリに分類されるサイトへのアクセスをきめ細かく制御したり、ダウンロードを阻止したり、ユーザーへの警告を自動的に表示することができます。また、場合によっては、そのサイトへのアクセスを禁止することがあります。

弊社のグローバルなURLフィルタリング データベースは、WildFireの脅威インテリジェンスおよび自動生成プロテクションと15分おきに同期化されるため、マルウェア、フィッシングなどのURLカテゴリは常に最新の状態になります。これにより、ユーザーとデータの保護は常に提供されます。

好ましくないコンテンツと有害なサイトの迅速な特定と阻止

セキュアなWebアクセスとマルウェア サイトとフィッシング サイトからの保護は、セキュリティ意識の高い組織にとって優先順位の高い目標です。URLフィルタリングを、WildFireおよびパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールのシングルパス アーキテクチャと統合することで、企業のセキュリティ体制が迅速かつ自動的に向上し、最新のものになります。大容量のデータベース ダウンロードを実行するかわりに、高速なクラウドURL検索をローカル キャッシュと組み合わせることで、待機時間は大幅に減り、分類の精度と関連性が上がります。

URLフィルタリングおよび次世代セキュリティ プラットフォーム

パロアルトネットワークスのネイティブに統合されたテクノロジは、オープンな通信、オーケストレーション、可視性をサポートしています。弊社の機能は、新たな脅威にリアルタイムで対抗するために、ネットワーク、エンドポイント、クラウド全体でお客様のセキュリティ体制を再構築します。これにより、組織は巧妙化する最近の攻撃に対してより優れた保護を実現できます。弊社独自のプラットフォーム アプローチをとることで、複数のスタンドアロンのセキュリティ アプライアンスやソフトウェア製品を実装する必要がなくなり、セキュリティ インフラストラクチャの簡素化によるセキュリティ効果の向上を図りながら、人件費と運用コストを削減することができます。

効果的で統括された保護を実現するために、脅威防御機能およびWildFireとともに、PAN-DB URLフィルタリングを導入することをお勧めします。


 

No results found