Webが危険な場所になり得ることは誰もが知っています。マルウェア、フィッシング攻撃、エクスプロイト キットなどのWebベースの脅威に悩まされる組織はますます増えています。このため、URL Filteringは、ユーザーやデータを保護するための組織の脅威防御戦略に不可欠なコンポーネントとなっています。

 パロアルトネットワークス®のURL Filtering PAN-DBサブスクリプション サービスは、マルウェアを配信したり、セキュリティ制御の迂回を試みたり、フィッシング行為によって正当なユーザー認証情報を盗み出すよう設計されている、危険なサイトを管理者がブロックできるようにすることで、Web閲覧とURLアクセスの安全性を確保します。