日付

業種別

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 631 to 660 of 713

国立天文台

大学共同利用機関法人自然科 学研究機構の国立天文台は、ファイアウォールやIPS、IP-SecVPNなどのセキュリ ティ製品の統合化による運用コスト削減、アプリケーション可視化・制御機能による安 全なネットワークサービス提供を目的にPA-4020を導入、本格的な運用を開始した。 "ポートでなくアプリケーションレベルで制御するというコンセプトの価値を高く評価しています。"
  • 0
  • 145

株式会社サイバーエージェント

「Ameba」の運営で知られるサイバーエージェントは、クライアントセキュリティに加えた多段的なセキュリティ環境を構築するために次世代ファイアウォールのPAシリーズを導入した。アプリケーション可視化・制御や総合的な脅威防止機能により、より高いレベルのセキュリティを強化しつつ、社員の自由なネット利用環境を維持した。 "PAは脅威となる特定の通信のみをブロックでき、予防的なセキュリティ体制を構築しつつ、自由なネット利用の環境を維持できました。"
  • 0
  • 214

イオン九州株式会社

九州全域を事業基盤とするイオン九州は、小売業の事業基盤ともいえるネットワークインフラのセキュリティ強化、特にアプリケーション利用の可視化・制御を通じてのリスク管理を目的に、PA-2000シリーズを導入。コストパフォーマンスの高い対策を実現した。 "Web経由の脅威に対するセキュリティ強化が課題でした。アプリケーション制御によってリスクの管理レベルを向上でき、業務効率のアップにも期待しています"
  • 0
  • 133

富士ソフト株式会社

お客様と一体となって様々なアプリケーションの開発に携わるため、お客様からのコンプライアンスに対する要望も強く、またGoogle Appsを積極的に使うため、ファイルのアップロードやダウンロードを制御することができるPA-4020を導入した。 "Google Appsのアプリケーションを誰がどのように使ったかが把握できるだけではなく、クラウドサービスで大きな懸案事項となるセキュリティを確保することができるようになりました"
  • 0
  • 181

伊藤病院

伊藤病院は、ネットワークのリプレースを機にさらなるセキュリティ強化 を目的として次世代ファイアウォール「PA-500」を導入した。同機によるアプリケーションの可視化およびウィルス被害や、情報漏えいリスクの高いアプリケーションの制御を実現することで、さらなる病院情報ネットワークの安全な運用を目指している。 “ネットワークリプレースの総予算の中で十分なコストパフォーマンスを発揮してくれると判断したからです。”
  • 0
  • 186

KDDI株式会社

システムや業務データがデータセンターに集約されるデータセントリックな環境が進む企業ICTの運用ニーズに対応し、データセンターからアプリケーション、ネットワーク、宅内機器まで含めた、あらゆるICTサービスをワンストップで提供するためのプラットフォーム「KDDIWideAreaVirtualSwitch」。この「広域仮想スイッチ」構想の中で、Virtualデータセンターの1つのメニューであるセキュア・インターネットサービスにおいて、仮想専用型ファイアウォール機能の提供のためにPA-4050が採用された。 “次世代広域ネットワークサービスであるKDDIWVSにふさわしい次世代ファイアウォール機能を仮想専用型で提供しようというのが大きなポイントです。”
  • 0
  • 348

財団法人 放射線影響研究所

放射線影響研究所は、P2Pアプリケーション制御やWebコンテンツフィルタリングの強化を目指してPA-2020を導入した。細かなアプリケーションおよびコンテンツ制御によって、研究者の利便性・自由度を確保しつつセキュリティ強化を実現した。 “PA-2020のアプリケーション可視化によって、予想した通りストリーミングなどが帯域を占有していることが把握できたとともに、確実なP2Pアプリケーション制御が可能になりました。”
  • 0
  • 114

北九州市役所

北九州市役所は、基幹系業務システムの統合基盤構築に伴って、住民情報 などクリティカルな情報を扱うハイセキュリティエリアへの厳密なアクセス制御を 行うためにPA-2020を導入した。 “PA-2020によって、セキュアなネットワーク環境を構築できたことは、行政内部の事務の効率化を実現できるとともに、市民の皆様に利便性の向上をもたらすことになるでしょう”
  • 0
  • 118

株式会社ジャフコ

ジャフコは、1973年の設立以来、ベンチャーキャピタル事業を中心に、未上場 企業投資運用会社のパイオニアとして活動してきた。株式上場を果たした社数は、国内686社、アジア・北米を中心に850社を超えている。 “Active Directoryと連携したアプリケーション制御やポリシー運用が可能な PA-2020は、投資業務のセキュリティ強化に非常に有効と考えています”
  • 0
  • 206

パロアルトネットワークス、 中国製AndroidデバイスCoolpadにバックドアを発見

20141217日(米国時間)カリフォルニア州サンタクララ発 – エンタープライズセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW、以下パロアルトネットワークス) は米国時間12月17日、中国大手スマートフォンメーカーである宇竜計算機通信科技(英語表記:Yulong Computer Telecommunication Scientific)が販売した、数百万台のAndroid搭載モバイルデバイス「クールパッド」(中国語表記:酷派、英語表記:Coolpad、以下Coolpad)に存在するバックドアに関する詳細を明らかにしました。このバックドアは 「CoolReaper (クールリーパー)」 と呼ばれ、ユーザーを潜在的に悪意ある脅威にさらし、顧客からの反発にも関わらずCoolpadにインストールされ維持され続けています。
  • 0
  • 254

パロアルトネットワークス、主要業界をターゲットとした マルウェアの攻撃経路に関する最新の分析レポート発表

エンタープライズセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW) は、米国時間12月10日、全世界の主要産業において何千もの組織を侵害しているマルウェアの動向に関する最新の分析結果を発表しました。「Unit 42 Threat Landscape Review」の最新版として公開した調査では、「Kuluoz」や「Asprox」と呼ばれるマルウェアの感染が続いており、医療、小売、金融サービス などさまざまな業種を襲うマルウェア攻撃セッションの大半を占めていることが明らかになっています。
  • 0
  • 164

リサーチセンターブログ PAN-OS 6.1の9つの新機能と主要な文書項目

待望のPAN-OS 6.1がついにやってきました。このバージョンについて新しい特長や機能に関する多くの記述を目にすることでしょう。ここでは技術パブリケーションチームが厳選した推奨事項について紹介します。

  • 0
  • 549

パロアルトネットワークス、PAN-OS最新版でAWSおよびKVMクラウドセキュリティをサポート

エンタープライズセキュリティのリーダー、パロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、以下パロアルトネットワークス、代表執行役員社長:アリイ・ヒロシ)は、本日、同社の次世代エンタープライズ セキュリティ プラットフォーム向け最新OS「PAN-OS 6.1」を国内向けに提供開始したことを発表します。PAN-OS 6.1の提供開始で、 AWS (Amazon Web Service) Marketplaceにおいてパロアルトネットワークスの仮想次世代ファイアウォールである「VM-Series」が利用可能となるほか、マルウェア分 析仮想サンドボックス「WildFire」脅威防御の機能向上など、多くの新機能が追加されています。
  • 0
  • 543

リサーチセンターブログ Windowsを狙うWireLurkerの発見

米国時間11月5日に公開したホワイトペーパーで、Mac OS XシステムからジェイルブレイクしていないiOSデバイスとジェイルブレイクしたiOSデバイス両方を攻撃する、初めてのマルウェアWirelurker(ワイヤーラーカー)について解説しました。

  • 0
  • 202

リサーチセンターブログ WireLurker ワイヤーラーカー: OS X、iOS向けマルウェアの新時代の到来

米国時間11月5日に公開したホワイトペーパーで、Mac OS XシステムからジェイルブレイクしていないiOSデバイスとジェイルブレイクしたiOSデバイス両方を攻撃する、初めてのマルウェアWirelurker(ワイヤーラーカー)について解説しました。

  • 0
  • 102

パロアルトネットワークス、iOSとOS Xを狙う 前例のないマルウェアを発見

エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW)は、AppleのiPhoneユーザー向けオペレーションシステムiOSとデスクトップ向けオペレーションシステムOS Xを標的とした、新しいマルウェアを発見したことを発表します。WireLurker (ワイヤーラーカー:周到に準備する悪人)と名付けられたこのマルウェアは、Appleプラットフォームを標的としたこれまでのマルウェアにない特徴を持 ち、Appleのデスクトップやモバイルデバイスを狙ったマルウェアの歴史を変えるものです。このマルウェアにより、世界中の企業や政府、Appleユー ザーが潜在的な脅威にさらされています。
  • 0
  • 106

パロアルトネットワークス、マイクロソフトのWindows XPサポート終了後もセキュリティ対策を継続して提供

Palo Alto Networks® (NYSE: PANW) は同社セキュリティ・プラットフォームが、2014年4月9日(日本時間)に終了したマイクロソフトのWindows XPサポート終了後も、継続して同基本ソフト(以下、OS)のクライアントPCの保護を提供していくことを発表しました。
  • 0
  • 193

次世代セキュリティ アーキテクチャの構築(翻訳版)

10年にわたり、組織は新たな脅威や多様な防御に取り組みセキュリティ アーキテクチャも様々な成長を遂げました。その結果、その場しのぎのアプローチが積み重なって管理が難しくなり、標的型サイバー攻撃を阻止する効果も薄れるてしまうようになりました。
  • 0
  • 135

Palo Alto Networks Honored with STAR Award for Innovation in the Delivery of Support Services

Palo Alto Networks® (NYSE: PANW), the leader in enterprise security, today announced it has been named the winner of the Fall 2014 Technology Services Industry Association (TSIA) STAR Award for Innovation in the Delivery of Support Services.
Santa Clara, CA
  • 0
  • 63

パロアルトネットワークス、モバイルデバイス向け セキュリティソリューションの最新版を提供開始

エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるパロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役員社長:アリイ・ヒロシ、以下パロ アルトネットワークス)は、本日、モバイルデバイス向けセキュリティソリューションGlobalProtect Mobile Security Managerの最新版(以下、GlobalProtect™)を国内向けに提供開始したことを発表します。GlobalProtectの最新版は、私的 な利用にも配慮しつつ、モバイルデバイス上の業務データの保護を実現する新しい機能を提供します。この新機能でアプリケーション、ユーザー、デバイス、デ バイス状態といったポリシー条件に基づいて企業が自社のアプリケーションやデータへのアクセス制御を実現します。
  • 0
  • 233

パロアルトネットワークス、次世代セキュリティをクラウドに展開

エンタープライズ・セキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW)は、プライベート、ハイブリッド、パブリックの各クラウドに対するセキュリティサービスを一段と進化させる仮想ファイアウォールシリーズ 「パロアルトネットワークスVM-Series」最新版を発表いたします。
  • 0
  • 419

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス、新たにInternet Explorerの重大な脆弱性を発見

パロアルトネットワークスの研究者であるボー・クーが新たにInternet Explorer (IE)の重大な脆弱性を発見しました。この脆弱性は、Internet Explorer 6、7、8、9、および10が影響を受けます。この脆弱性はメモリー破損の不具合を利用してリモートからのコード実行を許します。

  • 0
  • 124

リサーチセンターブログ 2014年版 NSSの次世代ファイアウォール比較分析についてのアップデート

NSSが公表した次世代ファイアウォールの分析レポートに於いて、弊社製品が2件のセキュリティテストに合格しなかったと明記がありました。

弊社は同テスト検証に参加はしなかったものの、お客様のセキュリティ確保は最優先すべき事項であるという認識の元、報告書を入手して問題の再現検証を行いました。

  • 0
  • 118
Displaying 631 to 660 of 713