日付

業種別

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 691 to 720 of 783

学校法人 慶應義塾

教育・研究機関として、より自由度が高く、安全なキャンパスネットワークの構築を目指し、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PA シリーズ」を導入した。 "各キャンパスの ITC 担当者に、脅威情報などをわかりやすく提供できるようになりました"
  • 0
  • 269

学校法人 名古屋国際学園

名古屋国際学園は、導入した次世代ファイアウォール「PA-2020」によって、BYODにも対応するプラットフォーム混在環境でユーザーベースのアプリケーション可視化・制御を実現し、自由闊達なコンピュータ利用を安全に実施できる環境を構築した。 "SNS やクラウドサービス利用でのユーザーのトラフィック監視ができるようになり、安全な学内情報ネットワークを構築できました"
  • 0
  • 246

ICソリューションズ

名古屋市のICソリューションズ株式会社は、医薬品流通の老舗中北薬品のゲートウェイシステムの更新を機に、次世代ファイアウォールPA-5020を導入した。 "これからのファイアウォールは、アプリケーションレベルで制御できるべき——次世代ファイアウォールのこうした考えに共感しました"
  • 0
  • 328

社会医療法人財団 白十字会

社会医療法人財団 白十字会は、閉域ネットワークである病院情報ネットワーク内部への可搬媒体に潜む脅威対策として、次世代ファイア ウォール「PAシリーズ」を導入した。 "患者さんの診療情報を保護することは、医療機関にとって重大な責務。次世代ファイアウォールによってセキュリティレベルの向上が実現されました"
  • 0
  • 235

NRIセキュアテクノロジーズ

NRIグループの情報セキュリティ専門会社であるNRIセキュアテクノロジーズは、導入設計から構築、機器の設定、各種チューニング、導入後の運用までをワンストップでサービス提供する、PAシリーズを採用した「Palo Alto Networks PAシリーズ管理サービス」を提供している。 "PA シリーズのアプリケーション識別能力は他社製品と一線を画しており、オンリーワン製品と言っても過言ではありません"
  • 0
  • 344

駒澤大学

7学部7研究科に1万6,000人の学生を擁する総合大学・駒澤大学は、キャンパスネットワークシステムを更改。ネットワークのシンプル化を推進しつつセキュリティを強化するため、PA-4020とPA-2020を導入した。 "システム構成をスリム化してコスト削減を図るという課題に対し、次世代ファイアウォールによってセキュリティを強化しながら実現できました"
  • 0
  • 196

ファーストサーバ

老舗ホスティングサービス事業者のファーストサーバは、セキュリティレベルが高く使いやすい新たなホスティングサービスの提供を開始した。同サービスのセキュリティ機能実装のために次世代ファイアウォールPA-5050が採用された。 "最大125のVSYSを運用でき、かつVPNや脅威防御機能を稼動してもスループットが低下しないこと。それがPA-5050を採用した理由です"
  • 0
  • 210

東急建設

全国各地で地域社会の活性化に貢献する東急建設。ネットワークのゲートウェイシステムの更新を機に、機器を統合してコスト削減、ネットワーク利用の安全性を向上させた。採用されたのは次世代ファイアウォールPA-2050である。 "潜在するリスクの低減が実現できると期待しています"
"80番ポートを利用するアプリケーションの制御に、次世代ファイアウォールの大きな魅力を感じます"
  • 0
  • 222

創価大学

創価大学は、2011年度のキャンパスネット ワークの更新で、セキュリティインフラのシンプル化によってネットワークパフォー マンスを向上させることを目標に次世代ファイアウォール「PA-4020」を導入した。 "アプリケーションベースでトラフィックを識別し、リスクを可視化できることは、ユーザーの視点からするととてもわかりやすく、非常に魅力的な製品だと感じています。"
  • 0
  • 208

国立天文台

大学共同利用機関法人自然科 学研究機構の国立天文台は、ファイアウォールやIPS、IP-SecVPNなどのセキュリ ティ製品の統合化による運用コスト削減、アプリケーション可視化・制御機能による安 全なネットワークサービス提供を目的にPA-4020を導入、本格的な運用を開始した。 "ポートでなくアプリケーションレベルで制御するというコンセプトの価値を高く評価しています。"
  • 0
  • 170

株式会社サイバーエージェント

「Ameba」の運営で知られるサイバーエージェントは、クライアントセキュリティに加えた多段的なセキュリティ環境を構築するために次世代ファイアウォールのPAシリーズを導入した。アプリケーション可視化・制御や総合的な脅威防止機能により、より高いレベルのセキュリティを強化しつつ、社員の自由なネット利用環境を維持した。 "PAは脅威となる特定の通信のみをブロックでき、予防的なセキュリティ体制を構築しつつ、自由なネット利用の環境を維持できました。"
  • 0
  • 247

イオン九州株式会社

九州全域を事業基盤とするイオン九州は、小売業の事業基盤ともいえるネットワークインフラのセキュリティ強化、特にアプリケーション利用の可視化・制御を通じてのリスク管理を目的に、PA-2000シリーズを導入。コストパフォーマンスの高い対策を実現した。 "Web経由の脅威に対するセキュリティ強化が課題でした。アプリケーション制御によってリスクの管理レベルを向上でき、業務効率のアップにも期待しています"
  • 0
  • 154

富士ソフト株式会社

お客様と一体となって様々なアプリケーションの開発に携わるため、お客様からのコンプライアンスに対する要望も強く、またGoogle Appsを積極的に使うため、ファイルのアップロードやダウンロードを制御することができるPA-4020を導入した。 "Google Appsのアプリケーションを誰がどのように使ったかが把握できるだけではなく、クラウドサービスで大きな懸案事項となるセキュリティを確保することができるようになりました"
  • 0
  • 212

伊藤病院

伊藤病院は、ネットワークのリプレースを機にさらなるセキュリティ強化 を目的として次世代ファイアウォール「PA-500」を導入した。同機によるアプリケーションの可視化およびウィルス被害や、情報漏えいリスクの高いアプリケーションの制御を実現することで、さらなる病院情報ネットワークの安全な運用を目指している。 “ネットワークリプレースの総予算の中で十分なコストパフォーマンスを発揮してくれると判断したからです。”
  • 0
  • 224

KDDI株式会社

システムや業務データがデータセンターに集約されるデータセントリックな環境が進む企業ICTの運用ニーズに対応し、データセンターからアプリケーション、ネットワーク、宅内機器まで含めた、あらゆるICTサービスをワンストップで提供するためのプラットフォーム「KDDIWideAreaVirtualSwitch」。この「広域仮想スイッチ」構想の中で、Virtualデータセンターの1つのメニューであるセキュア・インターネットサービスにおいて、仮想専用型ファイアウォール機能の提供のためにPA-4050が採用された。 “次世代広域ネットワークサービスであるKDDIWVSにふさわしい次世代ファイアウォール機能を仮想専用型で提供しようというのが大きなポイントです。”
  • 0
  • 415

財団法人 放射線影響研究所

放射線影響研究所は、P2Pアプリケーション制御やWebコンテンツフィルタリングの強化を目指してPA-2020を導入した。細かなアプリケーションおよびコンテンツ制御によって、研究者の利便性・自由度を確保しつつセキュリティ強化を実現した。 “PA-2020のアプリケーション可視化によって、予想した通りストリーミングなどが帯域を占有していることが把握できたとともに、確実なP2Pアプリケーション制御が可能になりました。”
  • 0
  • 135

北九州市役所

北九州市役所は、基幹系業務システムの統合基盤構築に伴って、住民情報 などクリティカルな情報を扱うハイセキュリティエリアへの厳密なアクセス制御を 行うためにPA-2020を導入した。 “PA-2020によって、セキュアなネットワーク環境を構築できたことは、行政内部の事務の効率化を実現できるとともに、市民の皆様に利便性の向上をもたらすことになるでしょう”
  • 0
  • 139

株式会社ジャフコ

ジャフコは、1973年の設立以来、ベンチャーキャピタル事業を中心に、未上場 企業投資運用会社のパイオニアとして活動してきた。株式上場を果たした社数は、国内686社、アジア・北米を中心に850社を超えている。 “Active Directoryと連携したアプリケーション制御やポリシー運用が可能な PA-2020は、投資業務のセキュリティ強化に非常に有効と考えています”
  • 0
  • 229

パロアルトネットワークス、 中国製AndroidデバイスCoolpadにバックドアを発見

20141217日(米国時間)カリフォルニア州サンタクララ発 – エンタープライズセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW、以下パロアルトネットワークス) は米国時間12月17日、中国大手スマートフォンメーカーである宇竜計算機通信科技(英語表記:Yulong Computer Telecommunication Scientific)が販売した、数百万台のAndroid搭載モバイルデバイス「クールパッド」(中国語表記:酷派、英語表記:Coolpad、以下Coolpad)に存在するバックドアに関する詳細を明らかにしました。このバックドアは 「CoolReaper (クールリーパー)」 と呼ばれ、ユーザーを潜在的に悪意ある脅威にさらし、顧客からの反発にも関わらずCoolpadにインストールされ維持され続けています。
  • 0
  • 278

パロアルトネットワークス、主要業界をターゲットとした マルウェアの攻撃経路に関する最新の分析レポート発表

エンタープライズセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks® (NYSE: PANW) は、米国時間12月10日、全世界の主要産業において何千もの組織を侵害しているマルウェアの動向に関する最新の分析結果を発表しました。「Unit 42 Threat Landscape Review」の最新版として公開した調査では、「Kuluoz」や「Asprox」と呼ばれるマルウェアの感染が続いており、医療、小売、金融サービス などさまざまな業種を襲うマルウェア攻撃セッションの大半を占めていることが明らかになっています。
  • 0
  • 185

パロアルトネットワークス、PAN-OS最新版でAWSおよびKVMクラウドセキュリティをサポート

エンタープライズセキュリティのリーダー、パロアルトネットワークス合同会社(本社:東京都千代田区、以下パロアルトネットワークス、代表執行役員社長:アリイ・ヒロシ)は、本日、同社の次世代エンタープライズ セキュリティ プラットフォーム向け最新OS「PAN-OS 6.1」を国内向けに提供開始したことを発表します。PAN-OS 6.1の提供開始で、 AWS (Amazon Web Service) Marketplaceにおいてパロアルトネットワークスの仮想次世代ファイアウォールである「VM-Series」が利用可能となるほか、マルウェア分 析仮想サンドボックス「WildFire」脅威防御の機能向上など、多くの新機能が追加されています。
  • 0
  • 576

リサーチセンターブログ PAN-OS 6.1の9つの新機能と主要な文書項目

待望のPAN-OS 6.1がついにやってきました。このバージョンについて新しい特長や機能に関する多くの記述を目にすることでしょう。ここでは技術パブリケーションチームが厳選した推奨事項について紹介します。

  • 0
  • 602
Displaying 691 to 720 of 783