プロキシを超えて進行

プロキシ デプロイメントは今や有用性も実用性もなくなっています。これらは旧来の製品に長く備わってきましたが、今日の高度な脅威に対しては限定的なセキュリティ機能しかもたらしません。かつてプロキシは、従来のファイアウォールでは満たすことができなかったニーズ(HTTPトラフィックおよびその後にはHTTPSトラフィックの分類を始めとするWebトラフィックの可視化)を満たしていました。しかし、トラフィックおよび膨大な数のアプリケーションが企業のネットワークにアクセスするその他の方法を利用することにはほとんど注意が払われていませんでした。プロキシ ベンダーは依然としてHTTPトラフィックおよびHTTPSトラフィックの重要性を過度に強調しながら、サイバー攻撃においてその他の入口を利用するアプリケーションの役割について軽視しています。

このウェビナーでは、プロキシの欠点を明らかにしたうえで、次世代セキュリティ プラットフォームが高速、単純、かつ包括的なセキュリティを提供する方法を紹介します。