asset thumbnail
顧客事例

株式会社ほくやく・竹山ホールディングス

ネットワーク刷新を機にセキュリティ対策を見直したほくやく・竹山ホールディングス

Prisma AccessとCortex XDRの導入により安全・安心なリモートワーク環境を実現

ほくやく・竹山ホールディングス(ほくたけ)は、ネットワークの刷新を機に、クラウド環境に対応した新しいセキュリティ対策へと更改することにした。ゼロトラストモデルによるセキュリティ対策を検討する中、ネットワークとセキュリティをクラウド上に統合するSASE (Secure Access Service Edge)の導入を見据え、SASEを実現できる複数のソリューションを比較検討。その結果、パロアルトネットワークスのクラウドセキュリティプラットフォーム「Prisma Access」、およびSaaS型エンドポイントセキュリティ「Cortex XDR」を選定した。当面はスマートフォンを含むモバイル環境、在宅テレワーク環境のセキュリティ強化を目的に活用し、将来的にはSASEの全面的な導入に向けた次世代ネットワークへと進化させることを視野に入れているという。

分 野
医療機器・医薬品卸売ほか

導入背景

  • ネットワーク刷新を機に新しいセキュリティ対策へと更改
  • スマートフォンやモバイルPCのセキュリティ強化が目前の課題
  • 既存の対策から入口・出口対策の強化に向けて方針転換

ソリューション

  • IIJグローバルソリューションがPrisma AccessとCortex XDRを提案
  • リモートワークの安全・安心なセキュリティ運用を実現