次世代ファイアウォールと運用監視サービスでセキュリティ強化を目指す。

燦ホールディングスは2015年3月、内部ネットワークとインターネットのゲートウェイに設置したファイアウォールのリプレースを実施。高トラフィックのネットワークにも耐え得る性能を備えたパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PA-3020」を導入した。可用性に優れた高機能・高性能の製品であり、世界的に高く評価されている信頼性が選定の決め手になったという。同時に、次世代ファイアウォールをリモート監視するテクマトリックスの運用監視 サービスも導入。運用現場の業務負荷という課題も解決している。

分 野 葬祭業

導入背景

  • 高トラフィックによりファイアウォールがダウンするなどのトラブルが発生
  • 障害の原因を突き止めたくても詳細な通信内容の把握が困難 
  • 24時間365日安定運用を実現するために情報システム部門の業務負荷が増大化 ソリューション
  • 可用性に優れ、高機能・高性能のパロアルトネットワークス「PA-3020」を導入
  • 次世代ファイアウォールを運用監視する テクマトリックスの「∴ TRINITY<トリニティ>」を採用

 

詳しくは導入事例をダウンロードして下さい。