出口対策に有効な仮想化次世代ファイアウォールを導入

東急ハンズは2017年10月、内部ネットワークとインターネットのゲートウェイに設置する セキュリティ対策機能として、パロアルトネットワークスの仮想化次世代ファイアウォール 「VM-Series」を導入、運用を開始した。アマゾン ウェブ サービス(AWS)による“100%クラウド” を推進する同社では、セキュリティ強化の一環として標的型サイバー攻撃の出口対策に有効な アプリケーションの可視化・制御を行うソリューションの導入を検討。日本のAWSユーザーが集 まる「JAWS-UG(AWS Users Group-Japan)」での評価も参考にしながら機能・性能を比較 した結果、VM-Seriesを選定したという。

分 野 小売業

導入背景

  • セキュリティ強化の一環として標的型サイバー攻撃の出口対策を実施
  • 社内ネットワークのインターネットゲートウェイをAWS上に設置
  • アプリケーションの可視化・制御を行うソリューションの導入を検討

 

詳しくは導入事例をダウンロードして下さい。