ネットワーク デバイスでは、ポート番号、プロトコル、IPアドレスが重要な役割を担っていますが、それだけではネットワーク上で何が起こっているかを把握することはできません。ネットワークを通過するアプリケーション、ユーザーおよびコンテンツに関する詳細な情報を入手できれば、それに伴うリスクをすばやく見極めて対処することができます。

弊社のファイアウォールによって提供される豊富なコンテキスト情報を活用し、視覚化、分析、レポート作成の各種ツールを使用してネットワーク上のアクティビティの詳細を迅速に把握し、現状や比較に基づいてインシデントを分析することができます。アプリケーションの可視性を実際に確認するために、左側のNGFWのデモをご覧ください。

アプリケーション、ユーザー、およびコンテンツについての視覚的で実用的な情報

完全にカスタマイズ可能なアプリケーション コマンド センター(ACC)は、ネットワークを通過するアプリケーション、ユーザー、URL、脅威、コンテンツについてのサマリーを対話的および視覚的に提供し、また直感的なドリルダウン機能も提供します。

数回クリックするだけで極めて詳細なビューが提供されます。ある動作を許可した特定のポリシーなどを確認できるので、必要に応じてポリシーを調整することも可能です。

今日のサイバーセキュリティ空間の膨大な量のデータの把握はあまりにも大変であるため、視覚的なインターフェイスが不可欠です。ネットワーク管理者およびセキュリティ専門家に有用で実用的なインターフェイスを提供するためには、情報のナビゲーションおよび制御が容易なビジュアルを提供できることが極めて重要です。

ACC、ロギングとレポートのガイドの詳細については、こちらをご覧ください。

 

ニーズに合わせてカスタマイズ可能

数十個のウィジェットがデータを必要なレベルでビジュアル表示します。ユーザーは、各ウィジェットのラジオ ボタンをクリックするだけで、ツリー、線グラフ、棒グラフなどのさまざまな表示オプションを選択し、適切な測定単位(バイト、セッション、脅威、コンテンツ、URLなど)を決定できます。

既存のタブ(ネットワーク アクティビティ、脅威アクティビティ、ブロックしたアクティビティ)をカスタマイズできるだけではなく、新しいカスタム タブを作成して、特定の従業員や状況を監視したり、アプリケーションを追跡したりすることもできます。ユーザー インターフェイスは特定のニーズに合わせて調整できます。

すぐに答えを得るための対話式機能

探している答えはすぐに必要です。この場合、ACCなどの対話式のユーザー インターフェイスが大いに役立ちます。UIのあらゆる部分で詳細までドリルダウンして、すぐに答えを見つけることができます。

ACCの対話式機能では、アプリケーションおよびリスク レベルを確認したり、グラフの任意の部分をクリックして特定のアプリケーションまたはアプリケーション グループについて詳細を確認したりすることができます。