クラウド ネットワーク セキュリティ

境界からネットワーク全体の攻撃対象領域へと焦点を移行

クラウド ワークロードの採用が加速するにつれ、デジタル資産の保護に対する組織の責任は増大しています。クラウド ネットワーク セキュリティに対する最強のアプローチは、可視性と防御を実現するものです。

クラウドは絶えず進化しているため、チームは新たなアーキテクチャやテクノロジを継続的に調査し、学習し、適用することを余儀なくされています。この絶え間なく変化し、持続的な脅威にさらされている環境において、セキュリティ専門家は自社のクラウド ネットワークを安全に保とうと懸命に努力しています。

クラウド テクノロジの急速な普及に伴い、エンティティの数が増加し、攻撃およびデータ窃盗の機会が急増しています。企業を保護するには、セキュリティの強化だけでなく、セキュリティに対する新たなアプローチが必要です。

多くの組織は、自身のセキュリティ責任と外部CSPのセキュリティ責任を明確に区別しようと努力しています。また、より多くの責任が開発者に移行していることから、内部の説明責任もより複雑化しています。

クラウド ワークロードの採用が加速するにつれ、デジタル資産の保護に対する組織の責任は増大しています。クラウド ネットワーク セキュリティに対する最強のアプローチは、可視性と防御を実現するものです。
第1回年次クラウド ネイティブ セキュリティの状態レポートを読むレポートをダウンロード

弊社のアプローチ

今日のクラウド ネイティブ環境に適したネットワーク保護の適用

クラウドの詳細な可視化

包括的でリアルタイム

クラウドの詳細な可視化

対処できるのは、検出されたセキュリティ脆弱性と異常動作だけです。エンティティがあらゆるタイプのワークロードおよび複数のクラウド サービス プロバイダに分散しているため、クラウド ネットワークの包括的な可視化と制御が不可欠です。
脅威検出をクラウド セキュリティ戦略に含めることが必要な理由

専用でスケーラブル

IDベースのマイクロセグメンテーションにより攻撃対象領域を縮小

従来のIPベースのマイクロセグメンテーション ポリシーは、今日のクラウド ネイティブなインフラストラクチャでは機能しません。横方向の攻撃の防御に対する最善のアプローチは、IDベースのマイクロセグメンテーションです。ワークロード レベルでセキュリティ ポリシーを割り当てることにより、基盤となるネットワークからセキュリティを切り離し、セキュリティの拡張を容易にすることができます。
IDを活用したマイクロセグメンテーションに関するeブックを入手

IDベースのマイクロセグメンテーション

詳細を読む
IDベースのマイクロセグメンテーションにより攻撃対象領域を縮小
クラウドおよびワークロードにまたがるトラスト ゾーンを保護

インテリジェントで俊敏

クラウドおよびワークロードにまたがるトラスト ゾーンを保護

パブリック クラウド ネットワークを保護するために設計された次世代ファイアウォールを使用することにより、入口と出口のトラフィックを大規模に保護できます。

VM-SeriesがAWSにどのように統合されるかについて読む

業界初のKubernetes向けNGFWについて読む

VM-Series仮想ファイアウォール

詳細を読む

CN-Seriesコンテナ ファイアウォール

詳細を読む

製品

クラウド ネットワークの保護

クラウドに適したネットワーク保護
Prisma Cloud

クラウドに適したネットワーク保護

  • クラウド ネットワークの監視と保護

  • マイクロセグメンテーションの適用

  • 信頼境界の保護

仮想化環境の俊敏性を高めるために設計されたセキュリティ
VM-Series

仮想化環境の俊敏性を高めるために設計されたセキュリティ

  • ネットワーク セキュリティの自動化

  • コンプライアンスの簡素化

  • ネットワーク セキュリティ体制の強化

  • SDNへの投資の強化

Kubernetes環境用のクラウド ネットワークの保護
CN-Series

Kubernetes環境用のクラウド ネットワークの保護

  • アウトバウンド トラフィックの保護

  • East-Westトラフィックの保護

  • インバウンド トラフィックの保護

脅威の2歩先を行く

サインアップして、セキュリティ アラート、クラウド セキュリティ イベント、Prisma™ Cloud製品の更新などの最新情報を入手しましょう。