クラウド ワークロード保護

アプリケーション ライフサイクルの全期間にわたって、ホスト、コンテナ、サーバレスを保護

現代の企業のクラウド ネイティブ アプリケーションは、VM、ホスト、コンテナ、Kubernetes、そしてサーバレス アーキテクチャへと、ますます分散化されています。それぞれが固有のセキュリティ要件を持つため、ワークロードの保護は容易ではありません。

DevOpsチームは毎週または毎日のように展開を行うため、パブリックおよびプライベート クラウドの環境は常に変化しています。セキュリティ チームはリリース速度を落とすことなく、これらの展開を制御することに奮闘しています。

DevOpsおよびインフラストラクチャ チームは、クラウド ネイティブ アプリケーションを実行するために、コンテナ、Kubernetes、およびサーバレス機能を組み合わせて利用しています。このような拡張および拡大し続けるクラウドの利用により、保護すべきエンティティの数がさらに増加します。

企業はパブリックおよびプライベート クラウド、クラウド サービス、アプリケーション アーキテクチャを幅広く組み合わせて使用しています。このような複雑な環境は、盲点や、セキュリティ チームが克服しなければならない保護の課題を生み出します。

現代の企業のクラウド ネイティブ アプリケーションは、VM、ホスト、コンテナ、Kubernetes、そしてサーバレス アーキテクチャへと、ますます分散化されています。それぞれが固有のセキュリティ要件を持つため、ワークロードの保護は容易ではありません。
ガートナーのクラウド ワークロード保護プラットフォームのための2020年度版マーケット ガイドを読むダウンロード

弊社が行える支援

クラウド ワークロード保護に対する弊社のアプローチ

シフトレフトしてDevOpsと早期に連携

統合と継続

シフトレフトしてDevOpsと早期に連携

クラウド ネイティブ アプリケーションを保護するには、展開前にセキュリティに対処する必要があります。脆弱性スキャンおよび強化チェックをCI/CDワークフローに組み込む統合プラットフォームにより、このような取り組みを拡張できます。
Git Repoの脆弱性管理について学ぶ

簡素化と統合

環境の単一のビューでリスクを管理

一元化されたダッシュボードにより異種混合データが正規化されるため、SecOpsはホスト、コンテナ、イメージ、およびサーバレス機能に対する脆弱性を特定し、リスクを優先順位付けすることができます。
クラウド ネイティブ セキュリティ レポートをダウンロード
環境の単一のビューでリスクを管理
より包括的な保護のために自動化を活用

プロアクティブで動的

より包括的な保護のために自動化を活用

環境全体でセキュリティを拡張するために、アプリケーションが展開されたらすぐにベースラインのアプリケーション動作を自動的に構築します。あらゆる環境のニーズを満たすために、保護を簡単にカスタマイズできます。
実行時防御について学ぶ

弊社の製品

クラウド ネイティブ アプリケーションの保護

ホスト セキュリティ
Prisma Cloud

アプリケーション ライフサイクル全体を確実に保護

  • パブリック クラウドやプライベート クラウドで仮想マシン(VM)を保護

  • パブリック クラウドやプライベート クラウド上のKubernetesおよびその他のコンテナ プラットフォームを保護

  • アプリケーション ライフサイクル全体でサーバレス機能を保護

  • パブリック クラウドやプライベート クラウドを、レイヤー7およびOWASPトップ10の脅威から保護

脅威の2歩先を行く

サインアップして、セキュリティ アラート、クラウド セキュリティ イベント、Prisma™ Cloud製品の更新などの最新情報を入手しましょう。