標準準拠のVPNコネクティビティ

サイト間やリモート ユーザとのセキュアなコネクティビティは極めて重要なインフラ要素です。すべてのパロアルトネットワークス次世代ファイアウォール プラットフォームでは、セキュリティを犠牲にすることなく、標準準拠のIPSec VPN回線でサイト間のセキュアな通信を容易に実現できます。 リモート環境のユーザーの通信は、多彩なVPN機能で保護されます。

 

詳細についてはGlobalProtect技術の解説をご覧ください。

IPSec VPNによるセキュアなサイト間コネクティビティ

標準準拠のIPSec VPN通信に、アプリケーションの可視化機能と制御機能と組み合わせることにより、2台以上のパロアルトネットワークス デバイス間、あるいは他ベンダ-製IPSec VPNデバイスとの間の通信を保護できます。

大規模VPN

支店や店舗を多数抱える企業の場合、複数拠点にまたがる拠点間VPNを導入する必要があります。大規模VPNは、主なVPNトンネル設定を自動化し、支店など拠点のスタッフでも新しいファイアウォールを簡単に配備できます。新しいファイアウォールがオンラインになると、利用可能なインターネット回線を使ってGlobalProtect Portalの認証を実行し、最新のVPN設定情報を選んで常にセキュアな通信状態を維持します。

あらゆる場所で一貫したセキュリティを実現

GlobalProtect環境では、リモート ユーザーの場所や設定に応じてSSLまたはIPSecのいずれかのVPN回線が自動的に確立され、当該ユーザーが社内ネットワークにアクセスできます。リモートアクセス回線は複数の方式のいずれか (ローカルDB、RADIUS、LDAP、Active Directory、Kerberos、スマートカード) で認証されます。 セキュアなリモート接続が確立すると、ユーザーは社内と同一のセキュリティ ポリシーで保護されます。GlobalProtectは、以下の多彩なプラットフォームを対象にユーザーのセキュリティを守ります。

  • Windows
  • Mac OS X
  • Linux
  • iOS
  • Android