SaaSアプリケーション可視化、制御。データ保護を向上。

 

Apertureは、組織で利用が許可された法人向けSaaSアプリケーションの脅威防御や情報漏洩対策を実現するクラウドベースのセキュリティサービスです。シャドーITで懸念される、許可されていないSaaSアプリケーションへのアクセスの可視化と制御を行うパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールと組み合わせることで、SaaSアプリケーションに対する包括的なセキュリティ対策を構築できます。 Apertureによって可視性と制御をSaaSアプリケーション内に追加することで、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク変更を必要とせずに、完全なエンドツーエンドのセキュリティ ソリューションを提供できます。

 

動画を見る

 

 


Apertureの詳細情報

 

Apertureがパロアルトネットワークスのプラットフォームに、どのようなセキュリティの新しい側面と完全なSaaSセキュリティをもたらすのかを解説します。

概要をダウンロード

 

SaaSアプリケーションを使用することで、セキュリティにどのような空白が生み出されるのかを確認し、Apertureと次世代セキュリティ プラットフォームによって、データ漏洩、マルウェア、法規制準拠違反を阻止する方法について詳しく考察します。

技術概要をダウンロード

 

 

包括的なセキュリティ

詳細なSaaSベースのレポートおよびきめ細かなSaaS使用の制御により、Apertureは、App-ID™によって提供されるパロアルトネットワークス®の次世代セキュリティ プラットフォームの既存のSaaS可視化機能およびきめ細かな制御機能をさらに強固なものにします。Apertureによって可視性と制御をSaaSアプリケーション内に追加することで、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク変更を必要とせずに、完全なエンドツーエンドのセキュリティ ソリューションを提供できます。

 

利用状況の可視化

単にインラインのデータを見るのではなく、どれだけ古いものであっても SaaSアカウント自体の作成まで遡って、データ公開を可視化、制御します。ユーザーやフォルダ、ファイルの動きを可視化し、 分析を行うことで、SaaSアプリケーションの利用状況を正確に把握できます。

 

脅威を防御

SaaSアプリケーション、特にユーザーとファイルを自動的に 同期するSaaSアプリケーションのリスクの1つは、マルウェアの挿入ポイントが新しく増えることです。Apertureはこの問題を、WildFireと統合して、SaaSアプリケーション内にある既知および未知のマルウェアを識別することで解決しています。


SaaS活用状況を可視化

 

Apertureは、すべてのユーザー、フォルダ、ファイルの活動を完全に可視化し、詳細な分析を可能にします。これにより、ユーザーは、あらゆる時点で何が発生しているかを、推測ではなく正確に把握することができます。


コンテクスチュアル リスク コントロール

 

Apertureでは、きめ細かな、コンテキストを認識するポリシー コントロールを定義できるため、ポリシーの適用を強化し、違反が発生したらすぐにユーザーとデータを隔離できるようになります。


高度な脅威防御

 

WildFire™脅威インテリジェンス クラウドとApertureを統合することで、高度な脅威防御を実現し、既知のマルウェアを阻止するとともに、未知のマルウェアを識別しブロックすることができます。これにより、WildFireの既存の統合が拡張され、許可されているSaaSアプリケーションを介して脅威が拡散しないように阻止し、マルウェアの新しい挿入ポイントを防御します。

Apertureによって検出された新しいマルウェアは、そのSaaSアプリケーションに関わりがあるかどうかに関係なく、次世代セキュリティ プラットフォーム全体で共有されます。


包括的なセキュリティ

 

詳細なSaaSベースのレポートおよびきめ細かなSaaS使用の制御により、Apertureは、App-ID™によって提供されるパロアルトネットワークス®の次世代セキュリティ プラットフォームの既存のSaaS可視化機能およびきめ細かな制御機能をさらに強固なものにします。





 

パロアルトネットワークス管理者ガイド日本語版

このガイドで、パロアルトネットワークスのファイアウォールのWeb管理画面の使用方法を説明します。対象は設置、運用管理、メンテナンスを行うシステム管理者向けです。 ※このページで提供する管理者ガイドが最新版でない可能性があります。最新版に関しては、製品をご購入された販売代理店にご相談ください。  

  • 0
  • 7314

PA-800 シリーズ

主なセキュリティ機能: すべてのアプリケーションをすべてのポートで常時識別 • 使用されているポートや暗号化(SSLまたはSSH)、セキュリティの回避技術に関わらず、アプリケーションを識別します。 • 許可、拒否、スケジュール、スキャン、帯域制御の適用などのセキュリティ ポリシー決定の要素として、ポートではなくアプリケーションを使用します。 • 不明なアプリケーションを、ポリシー制御、脅威のフォレンジック、またはApp-ID™アプリケーション識別テクノロジの開発が行えるよう分類します。

  • 0
  • 5954

PA-3000シリーズ スペックシート

PA-3000シリーズの主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。

  • 0
  • 4582

PA-5200 シリーズ

パロアルトネットワークス® PA-5200シリーズの次世代ファイアウォール アプライアンスは、PA-5260、PA-5250、PA-5220から構成されており、高速データセンター、インターネット ゲートウェイ、およびサービス プロバイダでの導入に適しています。PA-5200シリーズは、ネットワーキング、セキュリティ、脅威からの防御と管理の重要な機能領域専用の処理機能とメモリを使用して、最大80Gbpsのスループットを提供します。

  • 0
  • 2500