産業アプリケーション用のラギダイズ型次世代ファイアウォール

PA-220Rを使用すると、アプリケーションを安全に使用し、最新のサイバー脅威を防ぐことができます。PA-220Rは、さまざまな厳しい環境(変電所、発電所、製造工場、石油ガス施設、ビル管理システム、医療ネットワークなど)で産業および防衛ネットワークを保護します。

デスクトップ フォーム ファクタのPA-220Rは、最大のデータ センターを保護するものと同じPAN-OS機能を提供します。温度範囲が拡張され、振動、温度、および電磁波耐性に関するIEEE 1613およびIEC 61850-3規格を取得しています。またModbus、DNP3、IEC 60870-5-104、Siemens S7、OSIsoft PI®などの業界プロトコルとアプリケーションを、インタラクティブに視認し管理できます。

PA-220Rは、デュアルDC電源入力と高可用性構成で信頼性を高め、ファンレス設計とソリッド ステート ストレージで静音動作を可能にしています。また可動部品がないため信頼性が向上します。ブートスラップ機能とUSBポートを使用して、多数のファイアウォールの導入を簡素化します。

  • ファイアウォール スループット(App-ID対応)1 500 Mbps
  • Threat Preventionスループット2 150 Mbps
  • IPsec VPNスループット 100 Mbps
  • 新規セッション/秒3 4,200
  • 最大セッション数 64,000
  • 1000 IPSec VPNトンネル/トンネル インターフェイス
  • 3仮想ルーター
  • 15セキュリティ ゾーン
  • 最大500ポリシー

1.ファイアウォール スループットは、64 KBのHTTPトランザクションを利用し、App-IDとロギングを有効にして測定されました

2.Threat Preventionスループットは、64 KBのHTTPトランザクションを利用し、App-ID、IPS、アンチウイルス、アンチスパイウェア、WildFire、およびロギングを有効にして測定されました

3.1秒あたりの新規セッションは、1バイトのHTTPトランザクションを使用し、アプリケーション オーバライドで測定されました