妥協のないセキュリティ、高パフォーマンスの多用途性

PA-5200 Seriesの次世代ファイアウォールは、多様な高パフォーマンスの使用事例(インターネット ゲートウェイ、データ センター、サービス プロバイダ環境など)で、脅威を防御しアプリケーションを安全に使用できるようにします。モデルPA-5280、PA-5260、PA-5250、およびPA-5220を含むこのシリーズは、あらゆるトラフィック(暗号化されたトラフィックを含む)に対して、予測可能なパフォーマンス、詳細な視認性と制御を実現します。

PA-5200 Seriesを使用すれば、最大68 Gbpsのスループットでアプリケーション、ユーザー、コンテンツを詳細に把握、管理することで、組織を保護できます。ネットワーキング、セキュリティ、シグネチャ照合、および管理の各機能に割り当てられた専用の処理リソースによって、予測可能なパフォーマンスが可能になります。

PA-5200 SeriesのハードウェアとPAN-OS®ソフトウェアは、優れた復号化スループットとSSLセッション機能を実装し、復号化を妨げるすべての障害を取り除きます。そのためビジネスのペースを落とさずに、ますます多くなる暗号化トラフィックを保護したり、専用の復号化デバイスを排除して導入を簡素化したり、選択的にトラフィックを復号化する柔軟なポリシーを使用したりできるようになりました。その結果、プライバシーを侵害せずに、隠れている脅威を見つけて停止できます。


PA-5280

  • 60 Gbpsファイアウォール スループット(App-IDが有効になっている場合1)
  • 28 Gbps Threat Preventionスループット2
  • 24 Gbps IPsec VPNスループット
  • 最大64,000,000セッション
  • 390,000新規セッション/秒3
  • 225仮想ルータ
  • 25/225仮想システム(基本/最大4)

 

PA-5250

  • 39 Gbpsファイアウォール スループット(App-IDが有効になっている場合1)
  • 18 Gbps Threat Preventionスループット2
  • 16 Gbps IPsec VPNスループット
  • 最大8,000,000セッション
  • 284,000新規セッション/秒3
  • 125仮想ルータ
  • 25/125仮想システム(基本/最大4)

PA-5260

  • 60 Gbpsファイアウォール スループット(App-IDが有効になっている場合1)
  • 28 Gbps Threat Preventionスループット2
  • 24 Gbps IPsec VPNスループット
  • 最大32,000,000セッション
  • 390,000新規セッション/秒3
  • 225仮想ルータ
  • 25/225仮想システム(基本/最大4)

 

PA-5220

  • 17 Gbpsファイアウォール スループット(App-IDが有効になっている場合1)
  • 8 Gbps Threat Preventionスループット2
  • 8 Gbps IPsec VPNスループット
  • 最大4,000,000セッション
  • 150,000新規セッション/秒3
  • 20仮想ルータ
  • 10/20仮想システム(基本/最大4)

     

    1.ファイアウォール スループットは、64KBのHTTPトランザクションを利用し、App-IDとロギングを有効にして測定されました

    2.Threat Preventionスループットは、64KB HTTPトランザクションを利用し、App-ID、IPS、アンチウイルス、アンチスパイウェア、WildFire、およびロギングを有効にして測定されました

    3.1秒あたりの新規セッションは、1バイトのHTTPトランザクションを使用し、アプリケーション オーバライドで測定されました

    4.基本数量に仮想システムを追加するには別途ライセンスの購入が必要です。