WILDFIREマルウェア分析

未知の攻撃を自動的に検出して阻止

グローバル インテリジェンスを使用して一歩先を行く

クラウド提供のマルウェア分析サービスWildFire®は、業界最大のグローバル コミュニティからのデータと脅威インテリジェンスを使用しており、高度な分析を適用して、未知の脅威を自動的に識別し、攻撃者を未然に阻止します。

 

ゼロデイ エクスプロイトとマルウェアを自動的に阻止

従来型のマルウェア分析とサンドボックス技法では、新しいエクスプロイトに対処できません。 レガシー テクノロジを超えるWildFireにより、常に一歩先を行けるようになります。 共有されたコミュニティをソースとする脅威データと高度な分析を使用して、ネットワーク、エンドポイント、およびクラウド全体で即座に保護を共有します。 WildFireは5分ごとに自動的に保護を提供してサイバー攻撃を防ぐため、安心できます。

プライバシーを維持しながら、未知の脅威を検出

WildFireは、ネットワーク、エンドポイント、クラウド、およびサードパーティ パートナーから送信された脅威をはじめとする未知の脅威を、業界最大のエンタープライズ マルウェア分析コミュニティからの共有データを使用して識別します。 このサービスでは、地域のクラウド、政府機関のクラウド、ハイブリッドおよびオンプレミス分析など、柔軟なデータ収集のオプションによってデータ プライバシーを確保しています。 また、識別された脅威の振る舞いに対する詳細な洞察により、セキュリティ アナリストの時間を節減します。

 

新しい攻撃テクニックの先を行く

WildFireは、機械学習、および静的、動的、その他の高度な分析機能などの、補完的な分析エンジンによって、効果的に脅威を検出します。 カスタム ハイパーバイザーとベア メタル分析を使用した組み込みの回避防御によって高度な攻撃を阻止するだけでなく、画期的な新しい検出エンジンによって攻撃者の一歩先を行きます。しかも、運用には影響を与えません。

 

Threat Preventionの自動化

WildFireによって、プラットフォーム全体で自動化された保護を即座に適用して、マルウェア、悪意のあるURL、DNS、C2を阻止することができます。 WildFireをオンにするだけで、次世代ファイアウォールやその他のパロアルトネットワークスのサービスに運用面での影響を与えることなく、組織を安全に保つことができます。 また、AutoFocusの脅威インテリジェンスを使用して、帰属情報やコンテキストなどのより詳しい脅威情報を取得できます。

 

プライバシーとセキュリティ

SOC 2認定

パロアルトネットワークスは、Security Operating Platformの製品全般でSOC 2認定を獲得しています。

詳細情報

GDPRコンプライアンス

Security Operating Platformを使用して、GDPRコンプライアンスに対応しましょう。

詳細情報

WildFireプライバシー データシート

パロアルトネットワークスは、データのプライバシー リスク管理に携わるTRUSTe® に、WildFireおよびその関連コンポーネントのデータ フローと実行に関するレビューと文書化を依頼しています。

詳細情報

関連製品

WildFireアプライアンス

オンプレミス分析、デトネーション、およびゼロデイ エクスプロイトとマルウェアの防御の自動オーケストレーションによって、WildFireのクラウド提供サービスを補完します。

詳細情報

AutoFocus

AutoFocus™のコンテキスト脅威インテリジェンス サービスは、分析、関連付け、および防御のワークフローを迅速化します。

詳細情報

NGFW

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールは、アプリケーションを安全に使用し、最新の脅威を防ぐために構築されています。

詳細情報

セキュリティ ライフサイクル レビュー(SLR)のリクエスト

SLRは、お客様のネットワーク トラフィックを調べて、お客様の組織固有の包括的なレポートを生成し、セキュリティ体制で脆弱性を露呈しているアプリケーションと脅威の検出を支援します。今すぐリクエストする

 

 

 


関連情報