次世代ファイアウォール技術

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールの基盤テクノロジーは、企業のセキュリティ プラットフォームとして、全ポートを対象に、アプリケーションや脅威、コンテンツを始め、あらゆるトラフィックをネイティブに分類します。また、アプリケーションを使用する場所や端末の種類に関わらず、トラフィックをユーザーと関連付け、アプリケーション、コンテンツ、ユーザーによるセキュアなアプリケーション運用ポリシーを構築します。

App-ID

ポート、暗号化 (SSLまたはSSH)、使われている回避テクニックにかかわらず、常時、全ポートにわたってすべてのアプリケーションを分類します。

詳細はこちら

User-ID

さまざまなディレクトリやターミナルサービスと連携して、端末の種類を問わず、ユーザーやグループをポリシーと関連付けます。

詳細はこちら

Content-ID

さまざまな脅威の阻止、Webサーフィンの制限、データやファイルの無許可転送の制限を実行します。

詳細はこちら

WildFire

既知及び未知のマルウェアの特定、分析に加え、仮想サンドボックスでの検証、シグネチャー更新を自動実行します。

詳細はこちら

GlobalProtect

場所や端末を問わず、ポリシーをすべてのユーザーに適用します。
 

詳細はこちら

Panorama

パロアルトネットワークスの複数の次世代ファイアウォールのポリシー設定、導入を一元管理します。

詳細はこちら