パロアルトネットワークス®のTraps™ 次世代エンドポイント セキュリティはエンドポイント上で脅威を阻止するだけでなく、クラウド システム向けセキュリティ、ネットワーク セキュリティと連携してサイバー攻撃を阻止します。Traps は、マルウェア、エクスプロイトおよびランサムウェアをブロックすることによってエンドポイントをより安全に守ります。セキュリティ プラットフォームとして統合すれば、さらなる未知の脅威検出とインテリジェンス共有、自動隔離機能まで提供されます。


 

エンタープライズ向け MICROSOFT OFFICE 365を保護するためのガイド

Palo Alto Networks Security Operating Platform は、ネットワークからクラウド、エンドポイントに至るまでのMicrosoft 環境の保護に役立ちます。業界で最も包括的なMicrosoft のセキュリティ機能の一部を採用することで、Security Operating Platform はApp-ID を使用したMicrosoft のオペレーティング システムとアプリケーションの物理セキュリティ、VM-Series for Hyper-V® によるプライベート クラウド セキュリティ、Azure によるパブリック クラウドの脅威防御、インライン次世代ファイアウォールを介したCASB 機能およびAperture SaaS セキュリティ サービスを使用し、API を介したCASB 機能によるOffice 365 のセキュリティ、そして、GlobalProtect ネットワーク セキュリティとTraps™アドバンスト エンドポイント プロテクションを使用したMicrosoft エンドポイントをサポートします。
  • 0
  • 164

Traps Advanced Endpoint Protection 5.0 テクノロジーオーバービュー

パロアルトネットワークスⓇのTraps ™ Advanced Endpoint Protection は、エンドポイント上で脅威が実行される前に阻止し、クラウドおよびネットワーク セキュリティと連携してサイバー攻撃を防ぎます。Traps は、マルウェア、エクスプロイト、ランサムウェアをブロックすることで、エンドポイントでの感染を防ぎます。セキュリティ プラットフォームとの統合により、さらなる脅威分析、インテリジェンスの共有、隔離の自動化を実現します。
  • 0
  • 145

攻撃者の思考

このホワイト ペーパーでは、攻撃者の思考を分析します。最初に攻撃者の動機と高度な手法を洞察することにより、今日の脅威の状況を把握し、既知と未知の脅威を検出するだけでなく防御も可能なエンドポイント セキュリティ テクノロジが待ったなしに必要であることを確認します。次に、一連の実世界の攻撃活動を分析します。悪意のあるペイロードの配布からインストールおよび実行までのすべてについて攻撃者の個々の手順と戦術を明らかにします。最後に、Palo Alto Networks® Traps™アドバンスト エンドポイント プロテクションが各攻撃のライフサイクルを断ち切るしくみについて説明します。通常は複数のポイントで行い、従来のアンチウイルス製品やもっと最近のエンドポイント検出および対応ソリューションよりはるかに優れた防御レベルを実現し、ゼロデイ攻撃にも対処できます。
  • 0
  • 296

EVIDENT @ WORK: クラウドにおける 継続的なセキュリティとコンプライアンス

クラウドのセキュリティとコンプライアンスの実現が容易でないと感じているのは、あなただけではありません。 パロアルトネットワークスのEvident は、あらゆる業界のあらゆるレベルのInfoSec およびDevOps 専門家と連携して、クラウド インフラストラクチャのセキュリティとコンプライアンスを容易に実現できるようにします。どんな組織も、脅威検出、誤設定の管理、リスク修復、業界標準の遵守など、クラウド セキュリティの課題に取り組んでいます。 このガイドでは、お客様が直面する課題と、その課題を克服するための取り組みをご紹介します。
  • 0
  • 91

エンドポイント保護の 10 の要件

数十年にわたり、エンドポイント保護の事実上の解決策は従来型のアンチウイルスでし た。アンチウイルスは、規制、ガバナンス、およびコンプライアンスの監査のためにすべ てのコンピュータをチェックしますが、組織にとってセキュリティ上の本当の利点は最小限 しかありません。アンチウイルス ソリューションは世界中でほぼすべてのエンドポイントと サーバを保護しているにもかかわらず、セキュリティ侵害は驚くべき速度で続いています。 その大きな理由は、従来型のアンチウイルスはシグネチャベースのセキュリティ ツールで あり、既知の脅威をネットワークへの侵入後に検出して対応することに的を絞っているため です。経験豊富な攻撃者であれば、安価な自動化オンライン ツールを使用して固有の未 知の攻撃を無数に生成し、アンチウイルスを迂回できます。結局、従来型のアンチウイル スは、セキュリティ侵害からシステムを保護するには不適切ということになります。
  • 0
  • 134

人工知能ブームに惑わされない エンドポイントセキュリティ選びの ポイント

アンチウイルスソフトウェアは、長い間エンドポイントを保護する重要な防御手段でした。今日、シグネチャに基づいて既 知の脅威を検出するために設計されたAVは、脅威が進化し、シグネチャが急速に時代遅れになるにつれて勝ち目の無い 戦いに挑戦しています。ホワイトリストやサンドボックス、(不審な)挙動検出などの追加の技術も、毎日現れる新しい悪質 なファイルの潮流には効果がありません。エンドポイントセキュリティの武器庫にある最も有望な武器は、マルウェアが 実行されてしまった後に対処するよりも、高速で学習し、即座に意思決定し、迅速な対応により脅威を防止する能力を備 えた機械学習です。機械学習の主な利点の1つは、シグネチャベースのアプローチでは実行できないような方法で実行可 能ファイルのマイナーな偏差(統計的に見た平均との差)を取得できることです。これまでの新しい技術が登場した際のア プローチと同様に、各セキュリティベンダーは、この流行に乗っかり、この機会を逃すまいと、自社製品の機械学習のメリ ットを主張しています。世間で話題の機械学習が、できることや、その活用方法を理解することは、誇大広告に惑わされず、 効果的なマルウェア対策を行う上で大変重要です。
  • 0
  • 168